このコーナーは私、星野有寿加(あすか)が毎回担当します。   
Asukaは宗羅先生に中学生の頃からお茶を習い、英国と米国留学中もずっとメールで指導を受けていました。インターナショナルスクール出身で英語のほうがネイティブだった私のために宗羅先生はテキストから質疑応答のペーパーも全て英語で作ってくださり、「日本人として外国へ出かけたら誰でも外務大臣になったつもりで正しい日本文化の知識に基づいた会話が出来なければダメよ!」と外国人から質問がありそうな内容の傾向と対策(どっかの受験参考書のパクリ?)を特に熱心に教えてく  
ださいました。御蔭でAsukaは海外で一度も仕事や英語が出来ても日本人としてチョット?なんて恥をかいたことはありません。英語で日本文化を熱く深く語れたら最高にCool! サイトをご覧になった皆様にも尊敬されるかっこいい国際人として外国と是非お付き合いしてほしい。そしてもしも直接Asukaのクラスに参加したいなんて気持ちになったら、ベルリッツ横浜校にきてください。宗羅先生のお教室でもお会い出来ますよ。

Let’s broaden our horizons together!
(訳:地平線の如く知識、行動を一緒に広げていきましょう!!)

外国行ったら誰でも大使。少しおおげさな表現かもしれないけど、本当ですよ!
When one visits a foreign country, they automatically become an “Ambassador.” Though this may seem like an exaggeration, I genuinely feel this to be true.

貴方は貴方自身であると同時に、外国では日本人としてのイメージ代表であるわけです。
日本という国自体は経済大国として有名でも、神秘のベールに包まれた伝統文化や独特の生活習慣は常に彼らの関心の的なのですから、私たちの一挙手一投足は見つめられ ていますよ。だから、海外においては特にビジネスに限らずパーティ、ゴルフ、ク ルーズなどあらゆる機会に日本人のイメージ向上の為に美しく振る舞うべきでしょう。
As well as being yourself, you are also the representative of your homeland. Japan is famous for being an economic giant however its traditions and cultures are still mysteriously veiled. The Japanese people have always been observed with a strong sense of curiosity. Therefore when traveling abroad, not only on business trips but also when partying, golfing, cruising and on other occasions, it is necessary to act gracefully to bring on a positive image.

いくつになっても旅行や留学中によく日本やアイデンティティに対する質問攻めにあったものです。この興味の示し方は国境を隔てなく同じのような気がします。
During my travels I have discovered that no matter how young or old you are, you will be questioned about your origin and your identity. It is natural for people to wonder about such things regardless of their nationality.

 
興味を抱かれるたびに強く日本文化を学ばなければいけないと実感しました。 幸いにもAsukaは日本文化をよく理解していて尚且つ英語が堪能な宗羅先生に出会うことができました。
In my case, whenever anyone shows interest in my origins, I feel a strong urge to learn more about my own culture. To my good fortune, I met Sola Sensei, a woman who not only possesses a deep understanding of Japanese culture, but also the ability to communicate such knowledge in English.

そこで宗羅先生への感謝の気持ちをこめて最初のテーマにはAsukaが今日までとっても大切にているコンセプトをご紹介したいとおもいます。「一期一会」です。
To express my gratitude for this encounter, I would like to share this concept which I both cherish and believe to be a valuable essence in life, “Ichigo Ichie.”


ところでお茶でよく使われる一期一会という言葉を直訳すると“One union, one understanding.”になります。有名なハリウッド映画、フォレスト・ガンプでは「生涯一会かぎりのチャンス」と紹介されていました。
Directly translated, Ichigo Ichie, means “One union, one understanding.” This concept was famously expressed in the film, Forrest Gump, as “once in a life time opportunity.”

本当は禅宗からきた言葉で、お茶の中で有名にしたのは山上宗二(やまのうえ そうじ)という人と井伊直弼(いい なおすけ)という人。意味は「この出会いが今後同じ場所、時間、メンバーで何度あったとしても、全く同じにはなり得ない。だから今この時間を大切に思い、心を通わせ、態度に示そうじゃありませんか」という素敵なメッセージです。
Originally, the concept of Ichigo Ichie derived from the Zen philosophy and has since been widely introduced and implemented in ‘sado’ (Japanese tea ceremony) by Souji Yamanoue and Naosuke Ii. It embraces a wonderful message: “whether this meeting is to take place again at the same place, at the same time and with the same people, this moment will never be repeated.”
So why not embrace this moment, connect with each other and express such feelings through our actions.

これってお茶だけじゃない。こんな知恵が生かされれば、人間関係に切れたり、動物や弱いものいじめをしたり、自然破壊したりってことが出来なくなる。だって一期一会でいう出会いって人と人に限らない、物や動物、自然との出会いも含まれるんだもの。異性間でも(あるいはその他でも?)日々新鮮さを保つためにお洒落したり、言葉に注意したり、相手に飽きられないために努力するじゃない。お茶で学ぶ一期一会のセンスって日常生活全てに活かせるっていうのが宗羅先生の考え方。
This concept is not only restricted to the realms of sado. By utilizing this wisdom to its fullest, we can avoid relationship failures, mistreatment of animals and the weak and even destroying the environment. Ichigo Ichie can be applied to objects, animals, nature and anything and everything that one can “encounter”.
For example, in everyday life opposite sexes strive to look attractive toward one another and select appropriate words to prevent their partners from losing interest and to keep the relationship invigorating. Sado offers concepts that can easily be implemented in our lives and this is Sola Sensei’s philosophy behind practicing it.

どうお?そんな風に考えたら、また一歩お茶が身近に感じたでしょう。そしたら次は実際お茶室に座ってみるといいわ。いい気(隣国中国では「気」をchiと解釈する。)が流れて、アロマがあって、人が不愉快になる会話を避けてその日のお茶会のテーマや道具の取り合わせなんかが、とっても洗練された語り口で交わされるのよ。これによってメディテーションできて、まさに心のディトックス!私たちは脳みそまでリンクルケアすべきじゃな?い!やってみようよ!
So, do you feel a step closer to sado? If that is the case, then the next step would be to attend! It’s an annoyance-free space where ki, also known as chi (spiritual energy) flows freely amidst the aroma of the incense. Sophisticated conversations between the host and the guests are centered on the theme of the day with utensils assembled especially for the occasion. The refined conversations are bound to heal your mind, as if “detoxifying the soul”.

Let’s try it!


 
MENU