中央で踊り続ける私でした。