荒井宗羅ブログ
ブログメニュー
荒井宗羅ブログ
 

 霜月のお茶&地獄という名のワイン
旧暦なら冬枯れの季節だから、常盤木の翠色の訪問着でお稽古です。
ruleに法って王道しましたハート帯はモネのジベルニーの睡蓮池の織り、帯揚げ帯締めはJOTAROさんですけどねにひひ
軸は真言宗の大僧正の手による円相にに洗心。だいたい紫野大徳寺さんが多いから、珍しいですよね!
お花は白玉にドウダンの紅葉。胡銅鶴首でこちらも王道!

お稽古済めばイタリアンlove
まずはスプマンテですね。これもお約束!

ソムリエの提案で料理に合わせたイタリアワインを選択。
何とその名も翻訳すれば、「地獄」です。
確か五木寛之さんと塩野七生さんの対談でこのワインが出てきたと思う。
コクがあって美味しかった!
で、ハロウィンは終わらないチョキ

| http://www.sola-arai.com/blognplus/index.php?e=1236 |
| 小言 | 10:18 PM | comments (x) | trackback (x) |


荒井宗羅ブログ