荒井宗羅ブログ
ブログメニュー
荒井宗羅ブログ
 

 カズオ・イシグロ&狩野元信〜💓
カズオ・イシグロがノーベル文学賞を受賞してから、俄ファンが増えたこと!
そのおかげで随分昔に映画化されたこの「日の名残り」もチケット取りづらいこと!その上文化村では一日一回の上映です。
満席です!でもさすがに若い人たちはいなくて、服装の良い中高年の人たちばかり。
私が原作読んで感動したのはホント若かったんですけどね〜ませてたのねハート

バトラー(執事)が如何に誇り高いプロフェッショナルであるか、彼らにとって最も大切なのは
Dignity(気品)とはよくぞ主役のスティーブンスさんのパパ、言ってくれました。この写真の老人がパパです。つまり親子写真ですね。
英国の古き良き貴族社会、紳士たちの政治や外交には善意と矜持が生きていて、ライフスタイルも絵画のように美しい。
広い敷地にお城のような屋敷、狐狩りのための衣装に身を包んで馬に乗って集う各国の貴族出身の大臣たちを空から俯瞰的に撮るシーンも実に素晴らしい!

主人公の執事、スティーブンスはアンソニー・ホプキンスの当たり役ですが、シェイクスピアの戯曲を演ずることができる名優が醸し出す香雅を彼の一挙手一投足、そして全身から感じます。「羊たちの沈黙」のレクター教授も「インディーズ」のキウィ訛りの老レーサーも何を演じても素敵ハート
エマ・トンプソンは「じゃじゃ馬馴らし」はじめシェイクスピアを見事に演ずる英国を代表する名女優ですよね!当時アカデミー賞主演男優、女優賞をはじめ8部門にノミネートされた作品ですから、今見ても色褪せない。むしろ大人になってより理解できて、幸せlove

終演後はちょうどランチタイムなので、同じビルにある
Chez LES DEUX MAGOTS PARIS SHIBUYAにてチョキ
映画見て少しうるっときたので、目が腫れぼったいですよね!


やっぱり鴨肉2枚食べたあとに気がついたぽっぷんすか


前菜!











メインにコーヒーでおしまいlove

次なる目的地はミッドタウンのサントリー美術館音符
狩野智弘さんのご先祖の狩野元信さんの展覧会が開催されているのですから!
「天下を治めた絵師」とは只者ではないって、当たり前ですけど!
父上の狩野正信さんが初代で、400年の礎を確立した天才絵師であり、アイデアマンでビジネスマンです。
組織として注文を受けるための「画体」つまり真・行・草の型を確立して、弟子たちに学ばせ、集団的な作画活動を可能にしたことに大きな功績があったと言えましょう。父上も和漢の「筆様」を使い分ける天才ではあったけれどその子息の元信はさらにそれをシステマイズしたんですね。
この代表作「四季花鳥図」はもちろん素晴らしいけれど・・・


Solaはこの「酒伝童子絵巻」(重文)が好き!
うふふハート理由はお分かりね!


六本木で新しいiPhone物色したりして時間がかかったので、日がすっかり落ちました。
麻布十番へ!久しぶりに堀井さんで美味しいお蕎麦屋日本酒をいただきます。




| http://www.sola-arai.com/blognplus/index.php?e=1235 |
| 小言 | 08:28 PM | comments (x) | trackback (x) |


荒井宗羅ブログ