荒井宗羅ブログ
ブログメニュー
荒井宗羅ブログ

 江戸琳派
13日の金曜日だけど、美術館行きます!
今日も寒い!だから毛皮のベストがちょうど良いチョキ出光美術館で開催中の「江戸の琳派芸術」は素晴らしい!正直何回も展示されている作品は見ているけど、いつ見ても新鮮です!17世紀に俵屋宗達、本阿弥光悦、そして尾形光琳に乾山と大成した京の琳派から、19世紀に江戸で生まれた江戸琳派とも言うべき流れ。
姫路藩主の次男坊、酒井抱一はそれは長身でうっとりするいい男!書画骨董古典文学から俳諧まで、そして遊里の遊び方も天下一品!もちろん極め付きの尾形光琳フェチでありまして、すでに忘れかけられていた京琳派を画集を編纂したりイベント興行したりしてブームを復興するのでした。
金箔の上に律動的な群青の杜若を描く光琳の有名な屏風絵を、余白を増やして軽妙に再編集。粋を最上の美意識と尊ぶ江戸の感覚に、受け入れられました。
そしてこの風神雷神図は宗達から光琳、そして抱一へとテーマのバトンが渡され、江戸琳派の存在を世に伝えています。Fabulousハート

鈴木其一は今年大変なブームを起こしました。
言わずと知れた抱一の継承者です。金屏風に群青と緑青でうねるように描いた朝顔が記憶に新しい!
この四季花木図屏風などは、雁金屋の正当な継承者と言いたいほど、図案として優れ、デザイン的です。
そう感じさせるマジックは技法の工夫として随所に見られますが、それは展示を直接ご覧になって、ご納得ください!
先入観は禁物むむっ琳派は感じるものですから・・・

| http://www.sola-arai.com/blognplus/index.php?e=1226 |
| 小言 | 07:14 PM | comments (x) | trackback (x) |
竜楽師匠独演会のゲストは牧野健太郎さん💝
今晩は竜楽師匠の独演会です。楽しいお仲間といつものように参ります。
ただしこの度はメンバーのお一人、牧野健太郎さんはいつものようにご一緒に鑑賞するのではなく、出囃子とともに舞台へ。
因みに出囃子は「菖蒲浴衣」。故林家彦六(前正蔵)師匠が使っていたもの。
彦六師匠のことはあの木久扇がよく「彦六伝」と称してやってくれますよね〜

竜楽師匠の至芸の間に牧野さんは私たちを浮世絵の興味深く楽しいお話と美しい画像で、いとも容易く江戸時代に誘ってくださいました。

竜楽師匠のくしゃみ講釈には抱腹絶倒にかっ徂徠豆腐には泣かされましたしくしく
昨日の日経「春秋」では師匠の堪忍袋の時勢ネタが、衆院選に向けて実に巧みで面白かったと褒めちぎっていましたが、その文章の書き出しがまた忠臣蔵でした。
本日徂徠豆腐でトリだったので、2日かけて綺麗に繋がり納めたと言うことでしょう。憎いね〜チョキ

さて2次会は銀座のおばんざいを。メンバーが高野豆腐を注文して、こちらも行き届いておりますハート

| http://www.sola-arai.com/blognplus/index.php?e=1225 |
| 小言 | 10:59 PM | comments (x) | trackback (x) |
祝❤️オープン10周年・La Ciauさん!

ピエモンテ州料理が最高に美味しいイタリアンLa Ciauが今年で開店10周年を迎えます。
オーナーシェフの馬渡さんと記念撮影です。
今年だけで芝浦、大井町に2店舗増やして今や1Fのカジュアルなレストラン含めて4店の経営者でもあります。
実業家として波に乗っても、この店でいつもこの癒される笑顔で出迎えてくれます。
これからもよろしくお願いしま〜す!

| http://www.sola-arai.com/blognplus/index.php?e=1224 |
| 小言 | 10:33 PM | comments (x) | trackback (x) |
 侘の茶に日本橋着物サローネ💝
英一蝶の雁は急降下!そして在星香合に体当たり??また掛け花にはなぜか数珠玉が入れられている。
なんだか判じ物のようで、面白いにひひ
菊の地紋のある釜は10月は中置と言って、畳の中央に据えられています。
旧で言ったらもうそろそろ肌寒い頃。次月の開炉まで少しでも

お客様に火を近づけて、目でも体感でも暖かさを感じ取っていただきたいという亭主の配慮です。
Solaがお茶をしていて最も好きな季節です。侘ですから、何事もおおらかにザングリと、花入れに実になる枝を入れても良いし、残念ものと言って積極的に金継ぎしたお茶碗などを使用して良いことになっています。名物もありますよ。お茶碗なら「滝川」や「家光」etc・・


打って変わって次なる目的地は日本橋!
GINZA6にも出店しているJOTAROさんのファッションショーに呼ばれています。
今日明日は日本橋は着物サローネと言って、多くの業者さんたちが集まっています。
JOTAROさんは着物業界で唯一東京コレクションに出ることを許される、世界的な着物作家です。



人間国宝だの無形文化財だのタイトルはないけれども、利休や織部が本来目指した破格の精神が彼にはある!
本来お茶も含めて日本文化は融通無碍・別格で破格な大人の遊びの発露であるはずです。
知的で暗喩的、ゲラゲラ笑ったり教養の下地がないのに堂々はできない、大人の「ほくそ笑み」。
まあそこまで言うとハードル越えられない、でもその自覚すらない幸せなコンシュマー、溢れるほどいるかも・・


SolaのシートはランウェイのちょうどパリコレやミラノでVogue NYのアナ・ウィンタースが座るポジションで感激ハート
JOTAROさんのメンズ着物はいい!モデルも美しい!
全体に着物にしても帯にしてもスパイシーな差し色が効いてて斬新!
クラッチやストールは異素材を上手に取り合わせて、着物をモードに仕立て上げている!


お店に並ぶのが楽しみです!

| http://www.sola-arai.com/blognplus/index.php?e=1223 |
| 小言 | 09:37 PM | comments (x) | trackback (x) |
十五夜にリドリー・スコット??


十五夜に一人でプリンスシネマの「エイリアン・コヴェナント」ぎょーん
果てしなく、ロマンチック〜〜ハート

| http://www.sola-arai.com/blognplus/index.php?e=1222 |
| 小言 | 09:27 PM | comments (x) | trackback (x) |
 シルクロード特別展 素心伝心 クローン文化財・失われた時の再生

東京藝術大学美術館はいつも何かしら面白いことしてくれます。
前回はブリューゲルハートこうなると、芸術と科学の融合ですね!
偏差値高い藝大の学生諸君、劣化した文化財やすでに戦争や天災などで失った至宝の数々を、ITデジタル技術と皆さんの類稀な想像力で蘇らせていただきたい!
「保存」と「公開」の両立が求められる文化財をクローンという考え方で再生することはミッションと取り組むみなさんを私たちは誇りに思います!

日本においては東大寺金堂壁画・釈迦三尊像の再現・復元、北朝鮮の高句麗古墳群 江西大墓、中国はあの敦煌莫高窟 第57窟の再現に新疆ウイグル自治区のキジル石窟航海者窟 壁画復元、タジキスタン ペンジケント遺跡 発掘区Ⅵ広間1、ミャンマー バカン遺跡壁画の再現に、アフガニスタン バーミヤン東大仏 天井壁画再現など偉業のオンパレード!見事です。バーミヤンの天井復元では先に藝大美術館ですでに拝見しており、その鮮やかなラピズラリーの青や遠くギリシャの影響という元はゼウスと言われる風神雷神図や馬車の描写で判明しています。

帰り道で、それこそゼウスが降臨しそうな空に遭遇love
幸せハート


| http://www.sola-arai.com/blognplus/index.php?e=1221 |
| 小言 | 07:30 PM | comments (x) | trackback (x) |
Nスタと七尾💝
今月銀座和光の前で取材された映像とインタビュー内容がNスタの商品名の由来を推理する特集で採用されて、放映されました。かなりキャラが立っていたようで異例の再登場の依頼があり、今度はうちの近所まで報道部のTさんが大きなカメラとマイクを携えてきてくださることになりました。撮影が済んで打ち合わせ中に私のカメラで撮って頂きました。「白金のマダム」ですにひひ


プラチナ通りからタクシーで移動。
友人との会食の場は十番の七尾さんです。
先日女将の勝子さんのお誕生日にロマネコンティの樽で仕込んだ希少な赤ワインを差し上げたので、まずそのお礼を言って頂きました。
香り良いワインでますますお元気にお店も続けてくださいという、Solaの思いを込めたプレゼントでした。
よく喋って喉が渇いたので、生をいただきます。


十代から知っている女の子が、もうすっかり大人の女性になって厨房を任されています。
女将曰く、とっても優秀だそうで、そう聞くと身内でもないのに嬉しいSolaです。
出されたお料理はお任せの季節料理ですが、美味しかった!



| http://www.sola-arai.com/blognplus/index.php?e=1220 |
| 小言 | 06:46 PM | comments (x) | trackback (x) |
備前💝譲さん喜寿&七尾💞勝子さんバースデイ
狩野派末裔の狩野智宏さんのお声がけで実現した温かいイベントです!
麻布十番の人気店、和食の七尾さんの女将勝子さんのお誕生日に当たる本日、今年の5月に喜寿を迎えたバー備前のご主人であり勝子さんのご主人の譲さんも
お祝いしちゃいましょうという、狩野さんらしい発想です。
七尾の営業が終わって、備前で待つご夫婦のファンたちに勝子さんが合流。勝子さんはいつもこの安定した笑顔が魅力!
備前は美術品収集家の譲さんのご趣味の現代アートに囲まれた心地よい空間で、やはり譲さんのお人柄のファンが集まる名店です。

世界ツアーから凱旋帰国したばかりのアーティストによるコンサートもあり・・オッケー


Solaは今年ゲットした赤揃えのニーハイブーツをはき・・
実は長いマキシベストの下はレザーのマイクロミニですlove







女性だけの記念撮影!
もちろんお店に溢れるばかりのメンズもおられました。
勝子さん、譲さん、おめでとうございます〜音符

| http://www.sola-arai.com/blognplus/index.php?e=1219 |
| 小言 | 11:57 AM | comments (x) | trackback (x) |
 新栄珠美さんプロデュースのお茶会&松也師匠チャリティライブ
今朝の朝食デザートです。
ブラックで締めて着物着て今日もお出かけハート








まずは車で銀座へ。新栄珠美さんプロデュースのお茶会に参加するため「茶・銀座」に向かいます。
天井から陽光の差し込むモダンな茶室ではまず主催者のご挨拶。
アクセサリーデザイナーの彼女のいでたちは、アイスブルーのパイソン柄のボルームあるスカートにアクセサリーの映える黒いトップ。
そしてスカートに溶け込むキラキラしてボリューミーなブレスレットが素敵でした。


今日供されるお茶拝見しました。
3種類のお茶でしたが、これだけクヲリティが良いと、十分三煎でいただけますね。

お菓子も3種用意されて、お運びは珠美さん自らこの笑顔で音符



特設立礼席で、遠州流の人のお点前も。
こちらは勿論お抹茶です。

Solaも最後に珠美さんのために点茶しました。




















その模様はインスタやFBで公開されて、皆様に観ていただいたようです。
このブログ、動画載せにくいんですよねしくしく
残念怒

お茶会の後銀座をブラブラ。
松栄堂でお香を買って、飲み方にうるさい老舗のコーヒー専門店でマンデリンを飲んで少し休息します。
そして次の目的地築地へ。
ここのところ毎月通う野澤松也師匠の浄瑠璃ライブに向かいます。
今日の着物、ドレスコードがキラキラのお茶会に合わせたので着物の各所に蛙や蛇や蜥蜴のブローチつけてるし、驚かれるかもぎょーん
演目は2つ。両方とも師匠の創作で「足洗ひ屋敷」に「役者演閻魔大王」。
新曲「足洗ひ屋敷」には母子の情愛を、閻魔様にはもうこれ狙いのファンもいて抱腹絶倒でした。

今日は特別、最前列はアジア人の留学生が占めて熱心に鑑賞後は、師匠による太棹教室。
日本では大学院で勉強したり、企業の研究所に就職が決まっているような優秀なメンバーで、これからのアセアンを背負って立つかもしれない。
将来日経あたりのインタビューで、ご趣味は?なんて聞かれて「太棹です」なんてねにかっなるとい〜な〜音符




来月から訪米してしばらく帰国しない百鬼丸さんの切り絵ライブも!





帰りはコリドー街でシャンパンハート
とてもカルチャーな一日に乾杯音符

| http://www.sola-arai.com/blognplus/index.php?e=1218 |
| 小言 | 10:23 AM | comments (x) | trackback (x) |
 レオナルド・ダ・ヴィンチ VS ミケランジェロ・ブオナローティ
レオナルドXミケランジェロとは、大胆な!
研究熱心な二人の天才は、一枚のタブロー仕上げるまでにどれだけ習作を重ねたことか?
人間復活を訴えて世界に広まったイタリア・ルネッサンスのこの両巨頭の共通点でもあります。
だからこの展覧会の面白さの一つは、観客を真っ二つに分けること音符
言うならば、ビッグネームで惹かれてくる人たちとSolaのようなマニアです。
この二人、解剖にまで立ち会って臓器の仕組みから骨格、筋肉のつき方まで学者さながらにデッサンして研究を重ねていました。


彩色された二人の作品の展示は少なく、弟子たちがデッサンに基づいて、あるいは完成されたマスターピースに基づいて複写したものが多いような気がします。
何れにしても企画の趣旨に従えば、それで十分!
理解できるまで対象に食いつき、目を凝らし、腑分けにまで立ち会って本質を見極めようとする真摯な芸術家としての姿勢に打たれました。

この彫像もミケランジェロの完璧主義を表す曰く付き。
左ほほについた傷が気に入らず、存命中は制作を途中で放棄。

17世紀の彫刻家によって完成された「ジュスティニアーニのキリスト」
こういう人だから歴史に残る!
予定調和や空気読んで大勢に流される脳死状態の売り絵作家だったら私たち、時代を隔ててこんなに魅了されるわけがないものパンチ
展覧会は明日で終了ぎょーん
ここでもSolaは滑り込みセーフでしたハート






今夜のディナーはパティオにあるグリル・うかいハートで。
都内支店全部試して美味しいとSola太鼓判にくきゅうのお店です。
まずはシャンパン。見てください音符嬉しいと顔に出てしまいますlove

隣接するミクニもよく行きますが、ここは必ず展覧会とのコラボディナーを企画しますね。
ウカイはこの度ひねり効かせてやってくれました!
なんとミケランジェロが日々愛飲していたワイン(もちろん16世紀のヴィンテージではありませんが)を出してくれたのです。



こういう配慮嬉しいですよね!
もちろんシェフの想いをコラボディナー、前菜からデザートまで通しで表現されるのも毎回新鮮な出会いではあるけれども、
このようにパーツで出されると、会話で膨らみを持たせたいとより強く思うものですから。
私はファッションもデザイナーの世界観をそのままオススメのまま取り入れるのは苦手で、やはり芯は自分にあってSolaの世界にようこそ!
とアレンジして加えるのが好きハート

まあこれも好みの問題。
ブログとは日記ですから、勝手なこと言います。
しかし今晩も美味しかったにかっ


| http://www.sola-arai.com/blognplus/index.php?e=1217 |
| 小言 | 07:47 AM | comments (x) | trackback (x) |


荒井宗羅ブログ