January
 
5
6
7
8
11
12
14
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  2010
2009
2008
2007
2006

March
February
January
     
 
 2010年1月21日

(社)日・豪・ニュージーランド協会に於ける林理事の初の担当イベントが豪大使館で開催される新年会になったことから、人気者の林さんの応援隊は動く、動く!大使館との交渉や事務的な仕事は金井理事や事務局長の竹内さんが主に担当するも、ご本人は集客から会場設営、新内流しの演奏者の選定やケータリングをお願いするレストランの件等全ての会合にお顔を出して精力的に働かれました。私と言えば、レストランが当日出すパーティ料理の試食会でワインを空けてあーでもないこーでもない‥なんてわけないでしょ!祭り好きのSolaのお友達もお祭り好きばかり!お誘いすれば、遠いところでは芦屋の西岡さん(西の天然大関の良子ちゃん)や社中の山田さんはお友達を大勢連れて参加してくださるし、他にも沢山のお友達が多くの予定をキャンセルして駆けつけてくれて最高に感謝の一夜でした。この団体は英語が公用語なので新内流しも英語で説明。遊郭や花魁太夫、心中やら郭のしきたりの話等説明するために私も勉強させてもらいました。江戸文化に触れる事から着物も江戸友禅を選びネールアートも実は梨地の漆風で仕上げてもらったんですよ。両大使のスピーチは素晴らしく、会員の記念撮影にはご本人から積極的に入ってくださろうとするし、そのお人柄でまたファンを増やしたようです。新内流しの色気のあること!「明烏夢の淡雪」は最も知られた演目だからうっとりと鑑賞する会員を多く見かけました。富士松松太夫と喜代有香さんは演奏と歌の素晴らしさは言うに及ばず、姿が抜群にいいんですよ。スエヒロの料理は味、量ともとても満足いくものでした。私は司会とお客様との名刺交換やご挨拶で結局その美味しい料理は十分に頂けませんでしたが‥福引きに協賛してくださったヴァイ アンド カンパニー(株)ケーオービーやタスマン株式会社のおかげで会場は多いに盛り上がり、くじ引きは喜代有香さんとなんとオージーの浅草芸者、紗幸さんが協力してくださいました。この日のためにご協力くださった皆様全てにこの場をかりて厚くお礼申し上げます。おかげさまで大好評のうちに終了いたしました。そこで鬼も笑うでしょうが‥

来年はNZ大使館で行いますからこちらも是非おこしくださいね!!

高橋会長はバイリンガルでスピーチしました。外交官らしいとてもスマートな紳士です
 豪大使マレーマクレーン閣下の祝辞です。高名な方ですがとても気さくなお人柄です。 
NZ大使イアンケネディ氏の原稿と通訳無しのバイリンガルの祝辞は本当にお見事です。
外務省大洋州課長の市川恵一氏の乾杯の音頭もバイリンガルでさすが、外交官!
喜代有香さんの手ぬぐいは吹き流しと言うそうです。色っぽいですよね〜!
都々逸で会場を流すお二人。新内パフォーマンスは豪大使館始まって以来だそうです。
     山田さんとお友達です。お出かけ頂いて有難うございました。
 会場でとても目立った唐澤さんとお連れの和服の男性。私の左は石渡さんです。   
右から三輪さん、佐治さん、ワタシ、西岡さん、北野さん。迫力あると評判の1団!
豪大使が参加で感激の洲崎さん榊原さんワタシ原田さんと小西さんでした(右から)
浅草芸者の紗幸さんは慶応大学で学位取得。中央の川島桂子さんは国際交流のお仕事
三国の旗が掲げられたこのコーナーを作ったら、記念撮影スポットになりました。
福引きは景品も豊富で盛り上がりました。豪NZのワインやチョコレートは大人気!
紗幸さんはテレビにも出てるから既に皆さんご存知。新派の女優のような着付けでした
豪大使館イベントマネージャーのクリスチャンアイグナーさんには本当に感謝です。
林さんの元秘書の田中さんと小島さん(左から)が受付で催しの格も大いにアップです
さ〜てここからは撮影禁止?!私の夜はこれからよ!という意味ではありませんから
 2010年1月17日

2010年オイスター初め?です。叔母に連れられたモナコのバカンスでは朝からシャブリで生牡蠣食べていたほどの牡蠣好きのワタシです。当時はパリは勿論モナコでも生牡蠣には檸檬を搾ってブルターニュの海水と頂くブロンなんてのが常識で、私がNYのGrand Central Stationの品川のこのお店の本店で覚えたホースラディッシュ(西洋山葵)とワインビネガーで頂くやり方はどのお店も採用しておらず、ただアメリカ人用に半ば嘲笑を込めて(フランス人って本当にこういうとことがフッフッフッ)トマトケチャップが添えられたりはしましたが‥ところで採用しようがしまいがこの食べ方は間違い無く美味しいのです!私は友人が止めるのも気にせず、パリの貝料理の超有名店でホースラディッシュとワインビネガーを注文しました。渋々ギャルソンは持ってきましたが、なんとその翌年の冬に同じお店を訪れるとそのソースがメニューにあるじゃありませんか!フランス人も悪くないな、良い物は認めるんだものと嬉しくなりました。NYに行けば必ず行く本店の第二号店でもある東京ブランチがTAXIでワンメーターの品川駅構内に出来たんだから、これからもせっせと通うつもりです。なんて新年の誓として採用してもいーですかね〜?!

玄関でまずパシャリ! 
  産地指定で三種の生牡蠣をセレクト。本日は珍しくコース料理で注文してます。
山芋のコンフィはイクラがトッピングされ香草が添えられ、シャルドネで頂きます。
シャンパン、シャルドネと続いたので追加注文でムール貝の白ワイン蒸しを。美味!
2006年のサンジュリアン、グランクリュです。このボルドーを選んだ理由は?
このビーフシチュウでした。デミグラが期待以上に美味しく、YamiYamiでした。
残ったワインのためにチーズの盛り合わせを注文します。あきれるほど食べるでしょ?
    これぞアメリカンデザート!十分に甘くボリュームも満足です。
母の手編みのセーターがいっぱいのお腹を隠してくれて大成功って喜んでいいのかな?
 2010年1月16日

今日は表千家不白流の宗家宅での初釜の日です。寿ぎのお茶は嶋台で饗され、お菓子は宮中から下賜された事から始まる花びら餅でした。松の内は過ぎましたがお稽古初めでもあるので結び柳に蓬莱飾り、そして流祖の福寿草画賛の掛け物という床飾りでした。表千家は本来新春の床飾りは丸三宝に俵飾りや、胴炭を奉書でくるんで俵のように積み上げる質素なものが本式です。戦後困窮した両千家の内三井財閥がパトロンだった表千家は、豪華な床飾りをしたら後援が打ち切られると言う危惧から前記のような極端に質素な飾りにしたという話。またお裏さんは後援も無くて困窮の度合いは表以上だったので、逆にお正月の床飾りでは無理しても豪華に見せて世間の風評を払拭したいとこの蓬莱飾りをしたそうです。「粋の構造」の著者九鬼周造も言っておりましたものね。「粋とはやせ我慢」と。

 
蓬莱山飾りこそは縁起担ぎの総本山です。
 2010年1月15日

私の経験では(この書き出し少々変?)理由は知りませんが成人の日と言ったら、本日1月15日をさしていて、振り袖や紋付袴着て区や市の施設にまずは集まって、大人の心得を聞かされてから後は各自大人の一歩とお酒を飲んでみたり、タバコを吸ってみたりティーンエイジャーには許されなかったなにがしかの解禁を祝った物でした。でもいつからか土日に続いてこの日は設定されることになり、確かに新成人以外の人たちも休みを続けてとれる恩恵は被ったけれども何か効率優先で私としては納得出来ません。体育の日だって東京オリンピックの開催日で、ついでに言えば、統計上一年中で最も降水確率の低い10月10日をオリンピック開催日として選んだわけで、一つ一つ語れる理由があってこその記念日なのです。も〜っ町名を無味乾燥な数字表記にしたり、合理的だからと言う理由だけで記念日の日付を変えてしまうのいい加減にしませんか?タクシー乗って神田の薮蕎麦本店に行く時こういったら年配の運転手さんに大いに受けました。「運転手さん、連雀町のヤブ行ってください」。数?年前の新成人たちとこんな話をしながらオフィース街のイタリアンでシャンパンランチ。夜はSHIHO似のインストラクターのパワーヨガのクラスでヘッドスタンドして、駐車場ではジャガーのボンネット好きの猫と会話して二十歳の頃より幼くなった自分を確認する旧成人の日でありました。

この前にアミューズがありましたが食べちゃって、前菜からです。    
牡蠣のリゾットと仔牛と秋野菜のタリオリーニでした。盛分けオーダーも馴染みゆえ 

            昼から芸術食してます。幸せ!

        この雉トラは私を猫だと思っているらしい?!
 2010年1月13日

21日の豪大使館の新年会で出されるパーティ料理の試食(凄いでしょ!JANZ理事たちは参加者の皆様のためにここまでするのです)と理事懇談会をかねて高橋会長と理事有志たちは内幸町のスエヒロに集まりました。ワインは高橋会長初め理事たちもちよりも含めて八本が空に。中には全く飲めない方もいらっしゃるので凄い人たちですね〜!そしてお料理の種類の多い事。写真でご紹介しますが、同じものが当日出される予定です。帰りはまた備前で十番商店街会長のすながさんたちとまたまたバルモアを空けて。ていうことは結局どれだけ飲んだ?


前方中央が高橋会長。右端の新理事キャサリンはNZの法律家で新年会がお披露目です。
タスマニアスモークサーモンのサラダ仕立て、シャンパンで頂きました。
日豪NZ産のチーズバリエは会長からの美味しい赤ワインで。どれも美味しいですよ。

ラザニアとホウレンソウのミートグラタンは見た目どおり、とても美味しかったです
帆立貝ときのこのグリルサフランとパプリカのダブルソース、このあたりから白ワイン

NZ産ベビーラムの赤ワイン煮は当然NZの赤ワインで。NZは白は有名ですが赤もよかった
芝海老のグリルアーリオ・オーリオ。オリーブオイルで味が優しい!
>
オーストラリア産チェストナッツの炊き込みご飯です。
オーストラリアムール貝のシーフードパエリアですがこれお酒が進みますよ〜!
スワンリバー産小麦を使った山菜うどんは締めとしては最適だと思います。
ラミントンケーキって典型的なデザートだそうです。まだまだ豪NZは奥が深い!
美味しいコーヒーでした。他にも当日は数種余計にお料理が出ます。お楽しみに!
備前は全てアートですが、若仲の象と鯨図ならぬSolaのお父さん犬と鯨図でした。
鯨の尾ひれで首掻いてるわけではありません。私はお父さん犬の子供じゃないんです。
 2010年1月10日

昨日のブログでも触れましたように、今日は早くから表千家不白流清風会の初会が信濃町の明治記念館で行われます。はしごして最後は備前で誕生会参加で仕上げたおかげで今晩家に帰ってから着物選んで襦袢の襟付けての計画が先送り、でも結局夜中の3時半に目を覚ましてチャンとしましたよ。驚いたことに意外と疲れは残らず早めに現地にも到着して賀詞交換会は滞り無く、また今年も福引きを当てて明治神宮に初詣もして帰りました。昼の懐石料理はかなり重かったのですが、明治神宮境内はかなりの距離を歩きましたし、表参道に寄ってお買い物もしたり運動量は十分!というわけで夜は中華のコースを頂きました。白金にある「錦江」というレストランは前から行ってみたかったけれどなぜか機会が無かった地元の有名店でしたから、2010年早々に一つ思いを遂げたわけです。今年の宮中のお歌会の御代は「光」。因んだ「光コース」を選択。店の主人に「帯のお太鼓の織は日輪ですか?満月ですか?」と聞かれてビックリ。結構観察されているようですね。因にSolaですから当然日輪ですが‥

    
宝尽くしは全て和刺繍です。去年は白い訪問着でしたから印象変えるため選びました
  
明治神宮崇敬会の代表のスピーチです。毎年格調高くよどみないご挨拶の理想です。
    刈田宗明先生の嶋台のお点前風景です。お品があって綺麗でした。
今年は菓子器が当たって嬉しい!(去年は訪問着)  
表参道の美容室に化粧品買いにいったら担当の千葉さんがセットしてくれて変った?   
  伊勢海老の和え物サラダ仕立てはまずシャンパンで頂きます。以降錦江にて。        
  ふかひれ姿のせとろみスープって見た目と違って薄味で美味しかったですよ。
  牛肉と豚肉の野菜巻きです。カメだし紹興酒にオイスターソースが合う事!  
 自家製点心2種とありましたが、よそから買って来る中華屋さんなんてあるわけ? 
         北京ダックとチャーシューの蒸しパン包みです。
     最近マンゴープリン出す店が多い中、杏仁豆腐なんて新鮮です。
 2010年1月9日

今日は2010年‘初 大漁’の日です。つまりお正月に福を呼ぶため河豚ちり食べに行きました。寒い日だったのでもうそれは美味しかった!この時間をとるために昼時の時間を仕事しちゃったからまたジムはパス。それで夜になるとこんな風に美味しい料理とお酒を制限無く頂くので、マヨネーズのキューピーに似て来たと友人には言われるし、でもまだ薄着になる季節はずっと先の事だから‥(済みません、独り言におつきあい頂いて)結局女将のお勧めのコースで生、ひれ酒、大吟醸を楽しみ、その後の‘初備前’では割烹七尾さんのチャーミングな女性の板さんの誕生日に飛び入り、バースデーケーキをお相伴してシャンパンで乾杯!それからボーモアをロックで3杯、明日の表千家不白流の初会のための着物も選んでないし、全く準備してないのにね。でも「懈怠の比丘、明日を期せず」(けたいのびく、みょうにちをきせず)、つまり私は怠け者だから明日また来るとは限らない、今を精一杯楽しみ、生きるというこんな禅の精神?ではしごして二日酔いするなら、お茶の皆様許してくださるでしょうと、勝手に解釈して今夜もアンチダイエットのメタボ道に精進するSolaでありました。

 

    
グレーにガンメタ、ローズのカラーコーデです。好みまで母に似て来た。体型も?
   突き出しから蚫です。母と行った志摩観光ホテルを思い出しました。
この羽根のカチューシャこそ西岡さんの香港土産です。側で見るとホントに綺麗なの
  ふぐ刺しって私はこれくらいの厚さに引いてもらったほうがむしろ好きです。
   焼き白子と双璧の私の大好物、トラフグの唐揚げです。お酒が進む〜!
         目の前の生簀で魚釣りして調理してくれます。
このお店に食べに来る目的の一つ、焼き白子です。この美味しさは例えようが無い!
   またこの大吟醸が美味しい事!持ち込みですが女将も一緒に飲みました。
   日本酒を楽しみたいので唐墨を注文。私だったら大根は雪輪に抜きます。
河豚ちりはこのお姉さん?が作ってくれました。カメラ目線とポージングも見事です。
福相の女将さん。さっぱりして人柄の温かい大酒のみです。私に言われたくないか?
     盛り方も綺麗ですよね。ヘルシーで美味しい冬のごちそうです。
      お雑炊にはちょっとタレも入れて当然おかわりします。
              フルーツでおしまい。
舞台は備前に。この蟹は美味しかった〜!シャンペンにボーモアにケーキなんて幸せ!
七尾のスタッフです。左から2人目が女将。右端で微笑むのが今夜の主役。可愛い!
七尾譲さん、クローズアップです。大島の着流しにGoldのピアスが格好いいですよ。
 2010年1月4日

さて三が日にご披露出来ませんでしたが、両親の仏壇に母直伝のお雑煮や膾、黒豆を焚いたもの、丹波栗のキントン?とお酒をお供えしていました。両親とも1月に亡くなりましたので、特に母は病院で寝たきり、その上既にペースト状の物しか喉に通らなかった筈なのに、柔らかくしたお餅の入った関東仕立てのジャーに入れて運んだお雑煮を、蒔絵の付いた母お気に入りの椀に盛ってあげるとニコニコしながら完食しました。人形町の喜寿司の伊達巻きや栗キントンも小さくして、それからこれも母から習った膾は「パパがこれが好きだったのよね」と1年前に先に逝ってしまった父を思い出しながら「美味しい美味しい」と言って食べてくれました。三が日が終えると間もなく父の誕生日、そして命日、それから母の命日と続くのが私の睦月です。生涯これらの日を大切にしようと思います。だって大好きなんですもの!

 

    白洲さん好みの根来塗の椀に盛りました。回りの焼き物は全て自作です。  
 播州の大吟醸は社中の林さんから。龍力は竜虎から?本当に美味しいお酒でした。
 
 2010年1月3日

今日は弟と待ち合わせて両親のお墓参りです。2人の都合が合った今年は揃っていけたので、さぞやパパママは喜んでくれた事でしょう。富士山が見える横浜の外人墓地のような雰囲気のこの霊園にはお茶室や日本庭園もあってとても明るいのです。ただクラブハウスのようなお茶屋さんが三が日はお休みなのでお花やお香は買って到着。お香は伽羅、お花はさすがに父母の好きなバラやカトレアが駅前のお花屋さんに無かったので(お正月できっと市場がクローズなんでしょう)仏花ですから、「地味でごめんなさい」と二人で墓前にペコリと頭をさげました。お墓の石には「遊戯三昧ー気高く お洒落に美しく」と刻まれ、カーマニアの母の最後の愛車ミニクーパー(レーシング仕様のビンテージ)も母の名に因んだナンバープレートを付けたまま彫刻してもらいました。花台の石にも両親愛用の帽子やバッグ、サングラスやタイプライター、そしてパイプとブランディグラスとお洒落なんですよ。手を合わせますと本当に生前の2人の満面の笑顔が頭の中に大きく浮かんで幸せな気持ちになれます。また来ますからね、マー君が受け継いだママの愛車に乗ってね!

 

      お墓の前の記念撮影は必ずします。カメラマンは弟です。  
ナンバーが変わり、バンパーのラインと天井のチェッカーフラッグは無くなりましたが弟が綺麗に乗ってる母の形見です。背後はお茶室なんですよ。 
 
 2010年1月2日
去年の1月2日はこの辺りを買ったばかりのサウナスーツが嬉しくてジョギングしてたのに、いけませんね〜!今年は暮れから風邪引いてジムは行かず、美味しいものを頂く機会だけは恵まれていたので、少々ふくよかになったようです。体が何となく重くて走る気にもなれません。ということで、去年と違って事初めの今日は、六本木ヒルズお散歩ショッピング初めでした。浜寿司で昼食、それからタクシーでけやき坂へ。J WAVEの前の広場では和太鼓のコンサートを鑑賞し、行きつけのブティックでお買い物して、そうそう世間並みに買いましたよ〜!お約束の福袋は Wine shopのENOTECAで。価格を大いに上回る金額のワインは外したけれど美味しいのに当たりました。なんだかストイックではなく、楽しい年明けになりました。このまま行きそうです。いいのかな〜?!
   もうパンジーの植え込みが綺麗でしたよ。けやき坂の人通りもまだまばら。
 ノースリーブで演奏する皆さん。和太鼓叩く女の人はとても美人に見えますよね
 コートの下は肩に穴開いたセーター着てました。買い物バッグの紐が食い込む〜!
ヒルズの中のお正月飾りも撮影スポットですね。それにしてもShop内の混雑にひきかえ
フェンスに上って東京タワーを眺めてるそのわけは?
         はい、この数字を見たかったのでした。よゐこは真似しないでね。
            ワインの入った福袋、開ける前!
 アメリカの赤ワインでしたが、ミモレットとよく合う飲みやすいものでした。成功!
 2010年1月1日
皆様、新年明けましておめでとうございます。本年も皆様にとって幸多く実り豊かな1年となります事を心からお祈りしています。今年は寅年!十二支の中でも最高に好きなアニマルのひとつ、許されるなら子虎のペットが欲しいほどですが、この子たち、ことわざに頻出するのも特徴ですね。虎の威を借る狐(どちらかというと狸?)とはいわれないよう自分を磨いて真っ向勝負!そして時には虎穴にイラズンバ虎児を得ずとばかり冒険もして、精一杯世の中の為に命を使って、最後は虎が皮を残すように善い歴史を作ってレジェンドになりたい!格好よすぎるかな〜。でも目指すところは高く努力しますから、今年もどうかSolaを宜しくお願い致します!
 可愛いでしょ!縁起良さそうなので皆様にお披露目です。今年も宜しくGAO〜!!