December
 
1
2
4
6
7
10
11
13
14
15
16
17
18
20
22
23
26
27
  2010
2009
2008
2007
2006

December
November
October
September
August
July
June
May
April
March
February
January
   
 
 2009年12月31日

昨日の半泥子鑑賞で先延ばしされたショッピングは、お年賀の品物選びなのでどうしても今年のうちに済ませておきたいと考えて再び銀座へ。もう定期買った方がいいくらい通ってる感じです。まず第一に友人とお茶を飲みながらおかしな会話に爆笑してそれから、分かれてデパートへ向います。いい買い物が出来て満足し、伊藤屋さんで万年室のインクを買って最後のグロッサリーショッピングも済ませて家路へ向います。先日北里研究所の帰り道で見つけた薬膳カレーで有名な洋食屋さんのマスターが、年越しはそば打ちをするというので今年はここで一人で頂こうと出かけました。初めてですね〜!日本蕎麦と薬膳カレーの組み合わせ。それに松の実粥や煮物までセットになってました。蕎麦ツユが美味しかった。主人自慢のモスコミュール創製時のレシピ通りのモスコミュールを飲んで、オールドパーの50年記念ウィスキーをデカンタに移したから早く空けるの手伝ってと言われるままにストレートで2杯、またそれに合わせたマスター自慢のチョコレートケーキがとても合いました。洋画好きのマスターとマニアックな会話を交わしていると、若い男性たちが会話に入れず目が点になっていました。私の女優の好みは女性を深く知っている男性と、全く変らないそうです。他の場所でご招待のあったカウントダウンパーティもパスして帰ります。静かな年の暮れですが、何となくしみじみとした幸福感は、いつも見えない愛情に守られていると言う安心感かな〜?今年もこんな風に恙無く無事に過ごせたのも皆様のお陰です。有難うございました。どうか佳き新年をお迎えください。

寅年も宜しくお願いしま〜す!!

 

蕎麦つゆで煮た大根の上に乗るのは芥子ではなく、胡麻や生クリームが入る新しい味 
    お粥のスプーンにカレーを載せて一緒に口に入れるのが作法とか。
  
                二八蕎麦です。
 スミノフがウォッカを世界で売るために考え出したのがモスコミュールだそうです      
  銅製カップに合わせたわけではありませんが、今日はブラウンの気分でした
      オールドパーに切り替えてまたマスターと乾杯です         
今晩中にこのデカンタを空にするお手伝いに一役かったのがこのチョコレートケーキ         
 2009年12月30日

さて今日こそは2009年度Last shoppingと銀座へ出かけましたが、松屋さんで「川喜田半泥子(はんでいし)のすべて展」が開催されている事を知って、買い物どころではなくなってしまいました。半泥子ほど多彩な芸術敵才能を発揮した人はいないという会場に設営された紹介文にも大きく頷きました。三重県津市の素封家の家に生まれて百五銀行の頭取まで務めた実業家です。旧制中学で洋画は藤島武二に学び、青年期は写真に夢中。50歳を過ぎた頃からは自邸のある千歳山に登り窯を築いて陶芸三昧の日々を過ごして華麗なる交流録の中には荒川豊蔵、金重陶陽、三輪休和、中里無庵など超一流の作家たちが名を連ねます。でも本人はこれでご飯食べなくていい人だし、実業の世界で既に大変有名な人でしたから名誉欲もなし、自分が美しいと思うところ、愉快と感じるところを形にして幸福感を味わっているのが作品を見て良く分ります。浅ましさやずるさがまったくないご本人そのもののおおらかな作風に惹かれます。同時に日本橋の高島屋さんで「魯山人」を開催していたようですが、それって対照的で面白いですね。I'm glad to see youに漢字を当てて軸に表装したり、使い勝手よりデザイン優先の挑戦的な形状の茶杓の銘も傑作!「昭和の光悦」は世界に尊敬される品格溢れるビジネスマンのあり方を、またこういう人たちが存在し得た古き佳き時代の空気まで伝えてくれて、忙しい年の瀬こそ「忙中閑あり」の精神で出かけたい展覧会、お勧めです!展覧会鑑賞が済むとまた今日が今年最後の営業日の七尾さんへ。今晩も美味しい和食を提供してくれました。若い実業家風の大勢に囲まれた幸田真音さんや、お知り合いのグループ数組とお会いしました。麻布十番ってこういう所なのね〜!ていうか七尾さんて人気あるのね〜!帰り際、最高級の冷やだし濁り酒をお土産に頂いてニコニコです。備前さんではまた笠間の陶芸作家の見事な黒の大鉢をプレゼントされてお菓子や料理、はたまた生け花にも使えそうで嬉しい!今年も本当にお世話になりました!

 

 
MIKIMOTOの新春用玄関ディスプレーはこんな感じ。梅の蕾が春を待つ気配が可憐
   FURLAで来年用の化粧ポーチ買いました。白いクロコって珍しいでしょ!
       期待に膨らむ胸をぬいぐるみつきのストールで隠してます。
女将にこのヘアースタイル誉めて頂きました。すごくイメージ変ったって本当ですか?
         年越しを意識してか蕎麦米からスタートです。
            生ビールの後は大吟醸の冷酒から。
あんきも豆腐の上にはセリ、京人参と生姜で風味付け。日本酒に合うことこの上なし
銀杏とお豆腐の霰揚げと慈姑の天麩羅。柚子も揚げられてさっと塩がかけられ美味!
ヒラメのお造りの間には菊と山芋が何層にもミルフィーユ状態。ポン酢のゼリーで。
               箸休めは蟹の飯蒸しです。
春菊のグラタンの上にはチーズならぬ、白みそが。焼き色からちょっとチーズみたい
         金目鯛とユリネの蕪蒸し。ああ冬の京都が恋しい!
玄米と水菜のサラダは定番ですが毎回最高、ステーキや香の物は濁り酒で頂きました
デザート2種も定番ですが、普通片方だけ食べるそうです。甘辛両党は肥満一直線か?
私のお父さん犬に備前さんのニャンを紹介しました。猫の名前、誰か考えてください。
             3杯目のオンザロックスです。

   レパードのストールのご挨拶です。「Happy New Year!」と言ってます。

         遊んでる私に呆れて七尾さんは蟹を剥き始めました。
          備前のコレクションに最近加わったピースです。
 2009年12月29日

通ってるジムの今日は年内営業最終日。パワーヨガとマシンを使ってさっとシャワーとサウナ、メイクして家に帰ります。出かけている僅かな時間に既にたまっているメールの返事を出して、家の掃除、気分転換に六本木ヒルズのTSUTAYAに本を探しに出かける事にしました。時間があるときは魚籃坂から六本木ヒルズ行きの都営バスが出ているので利用します。これが楽しいの!バス停で知り合った麻布十番のスナックのママから美味しいお店の話は聞けるし、いつも空いてるし快適です。けやき坂はルイヴィトンの前で止まってくれるのでいいですよ。坂東真理子さんの「女性の品格」は既に翻訳されているし、結構お茶関係の本もあるので感激。デザインや建築の書物が多いのも魅力ですね。スターバックスのコーヒー飲みながら本を物色出来るし、BGMはいつも最新のテープだし、グループ店の中でも六本木が好きです。目的の本は見つかりませんでしたが、麻布十番まで歩いてそこから南北線で白金高輪駅で下車して帰宅。セントラル東京に住む利便性と幸福感を感ずる年の瀬の1日でした。

 

 

LOUIS VUITTONのウィンドウディスプレーもモノグラムのイルミネーションが幻想的! 
遠くに控えめにたたずむ東京タワーの2009のイルミネーションもあと2日の使命ですね  
 2009年12月28日

今日は朝一番で加圧トレーニングの筈でしたが、まだ体調が本格的に回復したわけではないので休みます。これで2週間連続で休んでるし、ジムにはいかないし、スタミナ付けるために食欲は衰えないので食べる量は同じだしでルノワールの女一直線の道を歩んでます。太るのは易し、戻すのは難しで今後が怖〜い!!てなボヤキはボヤキでこっちに置いといて、今日も美味しいもの見つけました。北里研究所病院へ出かけて診察がちょうど昼に終わったからあのエビスガーデンプレイスに続く美味しい物通りで食事の場所を探します。情報は地元の人にーということで、近くの古くからやってそうなクリーニング屋さんに、出来上がりをもらいながら気になった洋食屋さんについて聞いてみます。「年寄り一人でやってて、私は行った事無いけど行った人は美味しいと言っている」という助言に背中を押されて入る事に。昼は薬膳カレーセットというメニューのみ。薬膳と命名した理由は俄に信じ難いほど多くの具材と種類のスパイスが入っているためでした。実際数えてみたら、20種類の食材と40数種のスパイスだったことには驚きです。炒め、煮込み、寝かせを繰り返して7〜10日かけて熟成させたそのカレーを食べると食欲がわいてからだが暖まり、スッキリと消化します。ですからセットの温州みかんのシャーベットの後にティラミスとビターチョコレートケーキ、そしてエスプレッソも気持ちよく頂きました。スパイスが舌を敏感にするそうで、ケーキに使用した僅かな量のシーズニングの名前まで当ててしまう自分にビックリです。このお店は「麻布亭」といって今までも様々なメディアに取り上げられてきましたが、マスターのお人柄も料理を美味しく見せる要因かも。このマスター、おそばも打ちます。今年の年越しはここで頂く事にしました。リポートお楽しみに!  

 

 

シンプルに見えますが何ともコクのあるソースです。ルイボスティとピクルスも手製! 
    マスターです。何処かで会った懐かしい感じのする不思議な人でした。
見るからに美味しそうなティラミスでしょ?直接スプーン入れて食べちゃいたい!
カカオ90と75%のブレンドという超ビターなケーキなので、これはブランデーにも○

ティラミスとエスプレッソ、この後チョコレートケーキも頂きました。 
ワタシ月の兎。月日が経つのが早い例えで登場します。Solaさん食べる時間は余裕?!
 2009年12月25日

さあSolaを讃えるXmasほんちゃんですよ〜!でも昨日はしゃぎ過ぎたので今日はおとなしくします。まだ忘年会のおつきあいが終わったわけではないし、カウントダウンだって在るでしょう!そこで今晩は同性からの思いやり溢れるクリスマスギフトについて書いてみます。まず1枚目の写真、言わずとしれた神戸のルミナリエですが、写メールで西岡良子さんが送ってくれてとても気に入ったのでIphoneの待受画面にしました。彼女はいつも幸せそうで私の天然番付表では「西の大関」です。(はっきりお名前は言えませんが西のお知り合いには横綱競う人がかなりいるので。東だったら間違い無く彼女は横綱候補です)お菓子作りなども得意で「丹波栗を美味しく焚けたから」とか電話で連絡があると間もなく、和紙に「丹波の大栗」と大書して落款までおした手作りのラベル張った趣きあるレトロな瓶に栗がいっぱい、美味しいシロップ漬のものがドカンと送られてきます。先日も連絡取れないと思ったら、香港までマイケルジャクソンの映画「That's it」見るのとクリスティーズのオークションでピンクダイヤと翡翠のジュエリーをおとすのが目的で出かけていて「ソーラお姉様、ピンクダイアは中国人が9億円まで吊り上げた〜!翡翠もチャイニーズに持っていかれちゃった!!」と怒りの電話報告。それから「お姉様しか似合わないピンクの羽根のカチューシャ買ったので、送ります。」と送られてきたのは私が本当に好きなタイプのものでした。ただ絶対単独で包まない彼女は今回美味しい蜂蜜をお供に入れてくれて、ジンジャーチャイにたっぷり入れて今飲んでます。カチューシャはいつかまたブログで公開しますね。有難う!

そして社中の女性たちからもいつも心憎いギフトと温かいメッセージを頂いています。外食が多くて家で時間がなくても料亭の味をということで、粕漬けを送り続けてくれる森さんや、京都のお漬け物を送ってくださったハジメちゃん。ネットで追いかけ回してくださっていつも超レアでとっても印象的なサプライズギフトは山田さん(もう黙っていられないほどユニークなので近く身に付けて登場予定)。それからこのクリスマス直前には来月から出産のためご実家に帰るのでしばらくお稽古を休む大野さんからも、私のライフスタイルを注視してくれているからこそ選ばれた、ゴディバのココアとチョコレートケーキが。伴にお稽古に関する彼女らしいとても素直で温かい感謝のメッセージが添えられてあり、そこには「お茶といいますとおもてなしの心といわれますが、まだまだ私はその境地まで至っておりません。しかしお稽古でおもてなしをされる方の心意気も大切だということは分り始めました。」とありました。いいこと言いますね〜!そして「さて先生は今年はどんなクリスマスをお過ごしでしょうか?お酒はいつものことでしょうから(よく知ってる!)お家で休肝して頂けるよう、ココアとチョコレートケーキを送ります。どちらもお日持ちしますから年末行事が落ち着いた頃にでもお召し上がりくださいね」。それからしばらくのおやすみの後のお稽古復活宣言もきっぱりと格好よく、締めはいつも何事もやり過ぎて時々体を壊す私を気遣う思いやり溢れる言葉でした。有難う!!貴方は最高のお母様になれると私もキッパリ宣言します。それにお嬢様(もう分ってる)の為にシロカネーゼ養成の虎の穴作って待ってますよ!

 

 

 

 

ルミナリエを眺めると漂泊の思いが湧きます

 
大野さん、有難う!
 2009年12月24日

さて皆様、イブですよ〜!!私は風邪で声を失うほど喉を痛めているのに、この年中行事は絶対外せません!命掛けて遊びます!といっても夜景の綺麗なレストランでお食事といった正統派のおとなしいものです。意外でしょ?レインボービレッジがとても綺麗にみえる普段でも予約が中々とれない美味しい鉄板焼きのレストランに向いました。

ところで話は飛びますが、クリスマスって本当はイエスキリストの誕生日ではなかったということを皆様ご存知でしたか?今朝の産經新聞の朝刊の「平成志事術ークリスマスの過ごし方」というコラムに寄りますと、クリスマスの起源はキリスト教が成立する以前のローマの太陽信仰に由来しているそうです。古代ローマでは12月17日から24日の期間に農耕の神を讃えて宴会や贈り物をする習慣があり、特に25日は冬至に当たり、太陽が戻ってくることを願う「征服されざる太陽の誕生日」というローマ民衆に根づいた祝日だったそうです。キリスト教徒たちが布教に利用したことは、聖書にキリスト生誕の日付が記されてない事からも推察出来ます。まあここまで読んでSolaは喜び、実は一度友人とお食事をご一緒させていただいたこのコラムの著者、高名なマーケティングコンサルタントの西川りゅうじん氏にiphoneで感想と感謝のメールを送りました。そうしたらあの超超多忙な西川さんからメールを受信。「そうなんです。クリスマスはSolaさんを讃える日なんです。Merry Christmas!」とありました。嬉しい!最高のプレゼント!

そんなわけで気分良くスタートしたので楽しみますよ〜!実際はこの日熱はあるし、声は出ないのと重病人でしたが、明日からの復活を信じてアローラ アンディアーモ!

Silent nightって今晩の私の事?

 

 

 

 

大きなツリーは必ず撮影スポット。

 
螺旋階段のあるレストランが好きです。

背景のレインボービレッジが綺麗でしょ!

       見つけた〜!NY Catの絵!こんな絵が欲しいニャ〜!
            もうこのコネコの可愛さ、たまらない!!
軸が本日の趣向を表すのは別に茶室においてのみではありません。今晩はこれに決定!
 シャンパンは喉に悪いとゲイのお姉様方に注意されたのに、学習していません。
慎ましやかなアミューズ。キッシュはベーコン、チーズに山椒の香りがユニークです
 エスカルゴと洋茸のカフェドバリバター。バゲットにたっぷり載せてきりっと白で
  真鯛のカルパッチョ スペイン産シェリーとトリュフのソースで頂きます
私の離乳食(本当に!)フォアグラのポアレ 山椒風味の焼きリゾット添えは今晩NO1!
活伊勢海老と各種ナッツとアマンドソースです。母との志摩観での夕食を思い出しホロ
 母は旅行中、朝からこんな料理食べてました。活蚫エビスと春菊のジュって何?
焼き野菜ですが、左上のはサツマイモをマッシュしてまた小さくまとめ直して成形です
      さっこれからステーキですよのかけ声代わりのサラダです
           フランベはシャッターチャンスです
         焼いてもらったのはヒレとロースの両方です
マネージャーでソムリエの石塚サンお勧めは紅白ともに最高のグランクリュ出身でした
    ガーリックライスを一部潰しておせんべい作ってますが、なぜ?
はい,素肌は露骨に見せずにケープを羽織ったライスです。ワインのおつまみにGOOD!
               頂いたワインです。
デザートコーナーで電子辞書を冠りたくなりました。これが少々酩酊したサインだって
柊を除いて全て頂けるChristmas限定アラモード。街路樹に雪が積もった感じは何から
           口福のイブナイトはこんな感じ?!
 2009年12月21日

さ〜てこのブログ始まって以来のチョットHな大人の社会見学リポートです。でも私たち、純粋に独特な世界で、ある領域まで達している人たちに直に触れてみたいと言う旺盛な好奇心がモチベーションです。たまたま今回はクラブから合流した可愛いセクレタリー含めて4人になったのでS.A.C.(知らない方の為にSEX & CITYという大人の女性の作家や実業家などUrban Professionalな4人が主人公の米の人気番組)大人の社会見学と銘打ちましたが、これから歌舞伎だったり、幇間の芸を楽しむお座敷だったり趣向を変えて続けるつもりです。だって会社勤めのひと達にとって会社の時間拘束が多いから、中々世界を広げる事が難しいでしょ!異能の人の才能に触れたり、(本だけでは学べない)とんでもない発想に出会ったりする機会がないとビジネスでも遅れをとりますよ。絶対!というわけでメンバーのお姉さん格のHさんの情熱にお答えする形で私が店選びなど致しました。私も実は深夜のこのタイプのショーを見るのは始めて。おかまちゃんといえば、普段は舞台で踊ったり、三味線ひいたり、常磐津の師匠だったり、TVでMCやってたりみたいな女装はしないけど男性が好きと言うゲイ殿たちをかなり知ってます。主に西の方々で、彼らに言わせると「おかまは冬型気圧配置よ!」だそうです。東男?の本日の綺麗どころもそうでないところも人気お笑い番組M1の常連の物まねから、本格的なミュージカルナンバーまで、本当に綺麗で面白くて、正直楽しみました。紹介者が良かったせいかいきなり席にNo1とNo2それからTVでおなじみのお顔も付いてくれて話はテンポ良く、政治と美容、チョット経済、芸能ネタまで笑わせてくれます。あれがホントのGEI?!

 

 

 

クラブへいく前にまずはリバーサイドのイタリアンでお食事。中央がHさん

 
シャンデリアはお釜形

この赤いコーラ瓶にショーの時お札を細く巻いて立ててチップとして渡します        

Hさんの後頭部から天使のリングが!?はい、どこまでがオカマちゃんか分る人〜っ!      
 
 2009年12月19日

さて本日は2009年のお稽古納めです。やはり1度じゃ物足りないと社中の皆さんから長緒のお稽古のリクエスト。お茶碗も赤楽の初雪といきます。お菓子は玉川屋惣八さんの「臘梅」の淡い黄色の(恐らくこの色はクチナシの花弁で出している)きんとんでその美味しさに皆さん大喜びで、出した私も大喜び!利休鼠の霰地の無地の着物なので、少し華やかにと思って刺繍襟にして、同じ配色の帯揚げ、帯はチョットモダンアート風のお洒落帯を締めました。偶然にも山田さんが片袖に利休鼠の生地をあしらった民族衣装で参加されたのでびっくり!それに私のイメージのギフトと言って、クリスマス一ヶ月分のカレンダードアの付いたサンタクロースのお家をくださって、クリスマスまで毎日その扉を開けて中に書かれたメッセージをよんでチョコレートを食べてくださいと、なんて善い人!私はお言いつけ通りちゃんと忘れず毎日扉を開けてチョコレートを食べる事を誓います!!それから大野さんは来年2月の出産を控えて来年1月から産休です。寂しくなるけど、可愛い女の子(に決まってる!)のママになったらだっこして連れて来てくれると言うので楽しみです。お嬢ちゃんには幼稚園のころからお茶は習わせたいと言ってました。私みたいになっちゃうぞ〜!本当に今年もおかげさまで楽しいお稽古でした。見える皆さんが例外無く「楽しい!」の言ってくださるのが私の喜びです。次は寿ぎの初釜からスタート。そうだ!寅年だし、未来のシロカネーゼ養成の「虎の穴」でも作っちゃおうかな?!

 

 
端然と亭主を務める山田さんはスレンダーだから着こなせる衣装が素敵!
 
はい、我が教室人気度No.1の亭主と客の会話場面。色々聞きます、答えます!

山東京伝の描く女の子みたいで可愛いでしょ!          

      茶道口でご挨拶するところですが、猫っぽい気がします。
プレゼントは早く見たいので包み紙バリバリ破っておよそお茶の先生ではありません。
 2009年12月12日

さて今日も忙しい土曜日です。午前中からショッピング。そして昼下がりには三軒茶屋の人見記念ホールでの「バッハ クリスマス・オラトリオ」に招待されて鑑賞です。第九じゃないけど実に年の暮れにふさわしいイベントでしょ。主催はJVCといって世界中の恵まれない子供たちのために教育や医療だの様々な救援活動を文化事業等であがった収益で行っている素晴らしい団体です。幕間でもバザーがあって売り上げを寄付に当てるために主婦たちのボランティアが一生懸命です。皆さんやはりとても良いお顔してました。コンサートそのものも大変な経歴を持つ油ののった歌手たちの独唱と合唱団の合掌のハーモニーが素晴らしく、チェンバロの調べがオペラの時代に誘ってくれます。ヨーロッパの文化に浸った後はやはりイタリアンかフレンチでしょ?!ということで車で一路麻布十番のイタリアンレストランに予約無しで入ろうとしたら、すでにウェイティングの人たちがこの決して温かくない時間に長蛇の行列を作っていました。そこで並ぶ事の嫌いな私は一度も試した事の無い、でもチョット気になっていたフレンチレストランに入る事にしました。この後お茶のお稽古を控えていたので、2番目に軽いコースを選んでグラスでシャンパンと赤ワインだけという遠慮ぶり。モナコのお稽古では朝ご飯から生牡蠣とムスカデやシャブリ飲んでいたのにね!お食事の内容には満足して、主人もあまり癖の無いフランス語で話してくれるのでキャッチアップ出来るし、もっと時間に余裕を持って再び来たいと思ったので「アビアント!(またね)」と言って出てお稽古場へ向います。社中の皆さんの希望は長緒の茶入の扱いをしたいということだから、年の暮れに合わせた仕覆「玉兎星座紋」に包まれた京焼を選びます。茶杓は大徳寺の老師が筒が間にあわなかったことを洒落て命名してくださった「恙無し」。今晩もお道具トークに花が咲きそう!お酒もお供にね!

 

 
いきなりフレンチです。赤だけじゃなく白も飲んでた証拠写真。嘘つきました!
 
左端の大野さんはEXPECTING MOTHERなので林檎ジュース。ママの努力の証拠写真です
          
山田さんの胸元にはトナカイが編み込まれています。目線が不思議でいいですね。
 2009年12月9日

さてやって参りました、Christmas Party season本番。先頭きるのはいつもJANZです。そして例によって、MCとソシアルダンスの桜を仰せつかる私としましては、常日頃のように和服で出没するわけにはいかないのです。今年はシャンパンゴールドのチョット生地の少ないイブニングドレスを選びました。というのも前髪をパツッと切ってChicagoのキャサリン ゼタジョーンズ風(本人はひたすらそう思っている。回りはBlack jackのピノコだって!)にしたのでそのイメージに合わせたつもりです。それに今年はなんと贅沢なことにあの日本の誇る世界的なジャズピアニスト、ホキ徳田さんが友情出演で歌も聴けて本場のジャズも堪能出来てのパーティです。ハリウッド風に決めなくちゃ!と表参道でヘアーとメイクはプロフェッショナルにお任せしてドレスで光の林を歩いて会場へ。各国の大使や大使館関係者、財界や芸能関係も見えてのいつもながら華やかなお顔ぶれでした。御食事はミシュラン星持ちの小笠原邸のシェフの手に寄る豪華で美味しい着席ディナーですし、ダンスタイムには伊藤理事の美しいお嬢様とパートナーが素晴らしい演技で魅了した後、参加者たちも慣れたステップで華麗な踊りを披露して日本人も変わったわねとチョット感激。余興のビンゴでは殆どはずれ無しの豪華な賞品が用意されて、私がお声をかけて参加してくれた小西サンは訪問着の帯が当たって大喜びだし、クリスマスの幕開けとしては最高の夜となりました。次はオーストラリア大使館で宮様もご来臨の格調高い新年会ですが、関心の在る方はトップページのWhat's New!をクリックしてみてくださいね。(宣伝もする理事の鏡って私の事??)

 

 
会場の表参道Bamboo前で
 開始前の打ち合わせ中のスナップ写真。この後全理事の求めに時て2ショット撮影 
   JANZ高橋会長は前日深夜Parisから帰国したばかり。大使の鏡!        
 MCもおかげさまでかなりリラックスしながらやってます。ていうかしすぎ?    
大使館関係者や来賓の皆様と金井理事(右端)

新しい女性理事キャサリンはNZの法律家です。お友達とガールズトークの真っ最中

 

 左から小笠原邸初めグループオーナーの竹内氏、ホキさん、伊藤理事でした。  
    ホキさんのトークも歌も最高!60年代のNYの贅沢な香りがします。
    元全国理事連合会会長で健康医療市民会議代表の梶原拓さんと。 
      本当に毎年華麗なパフォーマンスを有難うございます。 
                キュートでしょ!
      プロダンサーとかなりテンポの速いジルバを踊ってます。
            金井理事とはブルースでした。
    ビンゴでは3名の女性が帯を当てました。おめでとうございます。 
私のお知り合い、中央から小西晶子さんと神澤幸枝さん。若いドレス姿もいいですね
 2009年12月5日
さて本日はExpecting Motherの大野さんにはご遠慮願って(赤ちゃん生まれたら祝杯上げようね〜!)高名なロボット研究者の吉光徹雄さんと社中からは山田さんと林さんが参加して私が会員になっているワインショップの企画パーティに参加しました。その名も「50種類のワインと軽食を楽しむワイン・フェスティバル」でした。凄いですね〜!他の人たちに話すと、そのワインの数だけ聞いて怖じ気づいたものです。果敢に集合した我々は開始早々に入り、地下のレストランでワインに合う料理とソムリエたちがサービスする(シャンパンだけでも4種類一度に飲むのは私も始めて)フランス、イタリア、ニューワールドのワインを次から次へと開けて、時には気にいったものはおかわりまでして結局50種類、だれも脱落する事無く、酔っぱらってみっともなくなることもなく(と本人たちは自負している)完飲(音だけ聞くとマズい!)しました。山田さんと私は打ち合わせもしないのにお互い赤を基調にしたクリスマスコードの格好でした。別に酔って赤ワイン振りまいても自分たちは無傷で帰れるからではありません。ソムリエナイフも付いたオープナーをお土産にもらって、今日飲んだ中から美味しかったフランスの赤ワインを購入して帰途へ。但し飲んですっかり胃腸が活性化してしまったので十番の七尾さんへ。相変わらず美味しい日本料理にはやはり日本酒、ということで鉄の肝臓は益々鍛えられるのでした。
 左から吉光サン、山田さん、私。写真写り考えて3人服装に合わせてWine選び?
林さんが旅先で買って来たニット帽を冠って記念撮影。名誉の為言います、素面です  
   Wineに夢中でこんな可愛い男の子がサービスしてるの気がつかなかった!       
    緒形拳さんの屏風の前は私の固定席。そうだ、ビールも飲んでました。   
白子の茶碗蒸しがいきなり出るからもう期待大!下は銀杏のあられ揚と慈姑の天麩羅            
白身を煮こごりで食べるのもいいですよ。熱燗に茶園児(私じゃなくてChengeのこと)
   刻み生姜のご飯が箸休めです。唐津の皮クジラに盛ってます。渋い!
 帆立や茸を西京味噌で焚いたもの。コースの料理内容は味にメリハリ十分です。
  蕪蒸しです。これぞ京都の冬の味!あ〜祇園の川上さんが待っている〜〜
  水菜と玄米のサラダは食感と香ばしい香り、そしてドレッシングが最高です。
待ってました、最高和牛のステーキで締めのお食事は七尾ならでは。いただきま〜す!
抹茶アイスに大納言、で終われば良いのに女将サンのお勧めで‥
 わらび餅も食べちゃいました。と言うわけでカロリーオーバーなので備前はパス。
 2009年12月3日
さて師走のエメラルドナイトの始まり始まり!もう大変な繁盛ぶりで田嶋さんは一人で大変!それも店内は我々を除いてはEnglish Speaking PeopleとFrenchですものね。BGMが変わると歌うは踊るは、陽気な人たちです。でこの度も炸裂しましたよ。現政権の話、特に仕分けの問題は関わる人が多いせいか、盛り上がる盛り上がる!オフレコ発言を当事者たちから聴けるのはこのメンバーの特権ですね。こんな具合に始まったSolaの師走はなんだかこのお店のように賑やかになりそう!
 外国人ばかりということの証拠写真です。フォスターのポスターやってる池井戸さん
  このメンバーがムードメーカーで、Blogは必ずチェックするといってました。
        福川さんと池井戸さん。いい感じでお話ししてます。
   なにか言おうとした瞬間の梶原さん。関係なくカメラ目線の清水さん。
   原沢さんと私で紅白コンビ。一応クリスマス意識したコーデでした。           
 いきなり凛々しいメンバーの表情。構えるとこんなに素敵なのよ〜!私は別ですが