July
 
1
3
6
7
8
9
10
13
14
16
17
18
21
22
24
28
29
30
31
  2009
2008
2007
2006

December
November
October
September
August
July
June
May
April
March
February
January
   
 
 2009年7月27日

週明け早々からグルメです。備前さんで週末に七尾の女将にお会いして、月曜日みえませんか?のお誘いがあって、27日に七尾に7時で実現。私が一番好きな緒方拳さんの屏風の前の席が用意されており、美味しいお料理に舌鼓です。斜め前のお席では舞台にテレビにおなじみの二枚目俳優夫妻と宝塚の女優さんとマネージャーが楽しそうにお食事をしており、やはり麻布十番の人気割烹だなと感心。明日は免許証の更新で鮫洲には遅いスタートだから朝寝坊OKで、お決まりのコースの七尾から備前でも問題ないから楽しめます。因に私は優良運転者でゴールドカードですよ。免許証の写真撮影に二日酔いがでるのはまずいので今晩はお食事メインでいきますか‥

唐津のお向こうや蕎麦猪口に先付け盛ってお洒落でしょう?

   トウモロコシの天婦羅は甘くておいしい!濁り酒の濃厚さとあいました。
お造りはひんやり冷やした煮こごりのような生醤油で頂きます。これは冷酒で。
 この箸休めは生姜の千切りをたっぷりのせた枝豆ご飯です。餅米の甘さが合うこと!     
お麩やオクラ、赤ピーマンに田楽みそをグラタン風にかけた小鍋は万人の好む味でしょ
        冬瓜のスープには白髪ネギと蟹肉が入っています。
 水菜やエノキに冷やした出汁をかけた和風サラダは煎った玄米が掛けられ香ばしい                  
     お待たせ!七尾独特のお食事の出し方。和牛ステーキで締めます。
今夜も二つ頂きます。抹茶アイス小倉添えに自家製わらび餅です。黒蜜も飲んじゃった
       女将の七尾さんと。大島の作務衣がとてもお似合いです。
 2009年7月26日

先週予約無しではテラス席に座れなかったBluePointに懲りずに通いました。カフェレストランの良さってお洒落なだけではなくて、結局ランチタイムを逃しても続けて営業していること。でも今日の日差しの強さは尋常ではなく、前から見てもあまりお分かりにならないかもしれませんが、実はこのブラウス、背中の生地を大幅に節約しているにも関わらず私は暑さに耐えられません。従って初志は貫徹せずにクーラーの効いた室内でお食事することとしました。食後はプラチナ通りを散歩して、帰宅したらメールに目を通してまたジムへ。今日は熱中症の一歩手前なので、軽く自由形で20分だけ泳いでサウナ入って帰ります。「天地人」見れるかな?

偶然ですが背景とのカラーバランス最高かも。
 2種類のサラダに合わせて二種類のワイン。昼間から何やってるんでしょうね?!     
       明太子のパスタもキノコのタリオニも両方頂きたいので。            
 2009年7月25日

さ〜てセルフメンテナンスの週末です。まずはたっぷり朝ご飯を時間をかけて頂いて、トレーニングウェアに着替えてパーソナルトレーナーのもとへ。腿がパンパンになるまでノルマをこなして、愛車プジョー(自転車)で帰宅。メイクして着物に着替えてお茶の集まりのために成城に向います。よゐこは真似しちゃダメですよ〜筋力トレーニングは正座の敵ですからね!炭所望して、お茶のお点前してお客としておいしいお菓子も頂いて、次の約束は青山でシャンパン。お食事はロスチャイルドさんのご紹介の「青山ありそ亭」で日本料理を頂きます。私は日本料亭に呼ばれた時は、よほどの事情がない限り和服で参加することにしています。今日は盛夏ですから白地に涼しげな水草を水彩画のように描いた絽の訪問着を選びました。髪もトルコ石とアクアマリンのチョット感じの良い飾りでまとめてあるんですよ。日本人でよかった!越前蟹の頃が最高の福井から来た名旅館の東京ブランチは外国人を招待しても喜ばれそう!こんなお店「ありそで無い」から「ありそ亭」かと思ったら、素直に「荒磯亭」をこう読んでたんですね。サービス、内容ともにコストパフォーマンスの優れたご接待によさそうなお店です。お食事の後は青山だって沢山あるのにまたまた麻布十番の備前さんへ。七尾さんの週末限定の浴衣姿は決まってるし、私の大好きなとっても上手な役者さん、阿知波さとみさんは帝劇公演中のお忙しい中見えてるし、今晩もマコトに誠に楽しく更けてゆくのです。ところで阿知波さんの出演してる「ダンス オブ ヴァンパイア」を私も見せて頂く事にしました。どんな格好でいこうかな?やっぱり吸血鬼風がいい?!

いきなり純米大吟醸「越前岬」で乾杯
  手前の涼しげな硝子器の料理はなんと、ところてんですよ。酸味が程々で美味!   
             鱧のお碗です。いや鍋?    
     日本料理って皆さんが同じ事いいますが、本当に見せ方も世界一!              
   利酒三種は黒龍の純米大吟醸やいっちょらい(意味不明?)純一絵など。      
   鮎の塩焼きはゴールドとグリーンの市松模様をまとってゴージャスに!   
 冷やし碗には鰻に南京、フルーツトマトとオクラにコクのあるおつゆが絡みます。
     アスパラの釣り竿で海老を釣って岸辺に戻ると蟹が待ってます。         
   オリジナルの手打ち蕎麦。薄口醤油か、辛み大根のおろしで勧められます。     
  ここでアイスクリームの入る余地は無いと思っていたらチャンとフルーツでした。           
玄関はこんな感じで回りはこの字形にブティックに囲まれてます。
阿知波さんはその昔料理屋さんの七尾さんのバイト一期生であったそうな。
   ドウダンツツジに隠れて浴衣姿の男性がふたり。そういえば今夜は隅田川花火大会。
   頭から光を放つSolaです。絵画のコレクションがとても良いでしょ!
         草間弥生さんの靴に踏まれるSolaでした。            
 2009年7月23日

JANZ理事会は田町の事務所で行われました。様々な議案を話し合いましたが、各種委員会を作って理事がそれぞれ委員長に就任し、事務局と連係プレーで運営することが決まったのが最も新しい部分かもしれません。私は早速セミナー委員会委員長を拝命して、副委員長は新理事でニュージーランド人のキャサリン・オコーネルさんにお願いしました。会員のニーズを徹底的に掘り起こして、意義ある催しを企画して行きたいと思います。What's new!でもご案内しますからチェックして皆様も是非ご参加くださいね!

会議は8時過ぎまで続いたので近くのイタリアンで遅いディナーです。
      生ハムとイチジクのフレッシュな前菜にはシャンパンを。            
       白身魚とマッシュやハーブのサラダには白ワインを。
                こんな具合に。
       一皿一皿料理に合わせて最適なワインがチョイスされます。
   ポークを夏野菜をバルサミコとエクストラヴァージンオイルで頂きます。
チェリートマトのエンジェルヘアーにはまた違う白ワインで。チョット濃厚な味わい。
           次のお肉に行く前の軽めの赤です。
       フォアグラとカナール。深夜にこんなに食べて大丈夫?
             やはりワインも合わせます。
ドルチェもアートでしょ?!
   さあ相当酔っぱらってます。備前のオーナーのCap借りて冠っちゃってます。
 持ち主の七尾さん。休肝日のない日々を送っていてもとっても健康で優しい人です。
             備前の主?可愛いでしょ!!
 2009年7月20日

今日は海の日、そして三連休の最終日。ゆっくり目覚めてメールをチェックして、たっぷり朝食をとってから、可愛くて大好きなインストラクターのパワーヨガのレッスンに向います。壁を撤去していつもの2倍のスペースとなったスタジオは大賑わい。やっぱり綺麗で格好いい先生がヨガの効果を語ると説得力あるものね。当然です。上級者が集まった特別レッスンは異様な雰囲気です。みんなヘッドスタンドは出来るし、両足を首の後ろに回せる人たちはいるし、尋常ではありません。スラムドッグミリオネラーのBGMのようなきわめてインド的な音楽を聴きながら気分はヨギ(ヨガの行者)。私も今日始めてヘッドスタンドのコツを会得しました。2009年7月20日海の日解脱(違うか?!)で、せっかく伊万里の絵付けのような白地にブルーの水着も持って来ていたので、プールでひと泳ぎ。後はサウナに入って帰り、着替えてからランチはテラスのあるカフェかなにかでと考えてプラチナ通りに向います。途中当然馴染みのお店に捕まります。一時空腹を忘れてショッピング。珍しく好きな‘大人可愛くもない’タイプのワンピースがあってチェック。結局目的のBLUE POINTは満席で(テラスは予約だらけ)サルバトーレコモに戻り、マルガリータピッツアと生ビール、カプチーノとドルチェで済ませました。この店からはピザ職人世界一が私が知っているだけでも3人出ています。前回はDOCという特別なトマトピッツアで優勝したようですから、トマト関係は他のピザハウスの追随を許していないと思います。従って順当にトマトとチーズとバジルのピッツアです。店の中のスタッフは仲間同士では私語もイタリア語というのがルールのようで、雰囲気作りに一役かって感心します。

私のルーツをたどりますと西の出身ですが、生まれも育ちも湘南です。ご近所には石原慎太郎さん一家も住んでおられ、伸晃さんのお誕生日に呼ばれたこともあります。お茶で世間に露出する前は毎週末ヨットに乗り、テニスをして日に焼けるアウトドアスポーツが大好きでした。着物を頻繁に着るようになってからはだいたいがこの顔ですから、焼けると英語で話しかけられ、着物でお茶会なんかに参加すれば、「外国からの留学生が日本文化を学びに来てる」と感心される始末で、これはまずいと日に焼く事を止めたわけです。大人たちに「海の子」と呼ばれた小さい子供のころ、8月生まれの私の誕生日は常に海岸で行われ、何本ものパラソルが立てられて、バーベキューセットや大きな寸胴鍋もいくつも置かれました。母のファンの漁師さんたちが潜ってウニを捕ってそのお味噌汁の沸く鍋にボンボン投げてくれて、大人たちは大喜び。派手に合唱隊がハッピーバースデイを歌ってくれる物だから、当時ビーチに沢山いた外国人たちも飛び入り参加で発音のバタ臭いソングと大げさな拍手に、私は思わず「Thank you!」。夏休み中表も裏もチョコレートブラウンで、叔母が冗談で私を参加させた海辺の○○○○大会(これは現在差別用語ですので)では見事優勝するほどの筋金いりでした。今はって?黒いのはお腹の中だけですよ!

海の日に因んで、大陸を目指すサンタマリア号かな?
            気分はナポリ!楽しい休日でした。
 2009年7月19日

待ってました!今日は土用丑の日!鰻の蒲焼き好きの私にはお祭りです!幸いチョット車に乗れば有名な野田岩さんがあるし恵まれている筈が、どうもワインが好きなせいか会食はフレンチやイタリアン、和食なら懐石料理が圧倒的に多く、中々頂く機会がありません。それに渡辺淳一さんの映画化もされた小説「化身」の中で「鰻屋で食事をする男女はもう一線を越えている」なんて行を読んだばかりに男性を誘い辛くなりました。で、昔まだ子供だった私が、新聞の編集委員だった人に鰻屋さんに連れて行ってもらった折りに「どうして鰻一緒に食べると一線超えてみられるんですか?」と聞いてみたら「一戦交える前のスタミナ付けるために来るってことかな」とサラッと答えられてしまい、あまり即物的でがっかりした事を覚えています。私の解釈はこうです。天然をさばいて蒲焼きにしたり白焼きで出したりするのには1〜2時間は裕に掛かる筈。だから昔はお風呂に入って浴衣に着替えて、さっぱりしたところでお酒を飲みながら待たせるお店もあったそうです。まあここまで言えばお分りになりますよね〜クローズな空間できっと逢い引きに使われたのでしょう。粋で艶のある日本の食文化ですよね。

鰻と言えばもう一つ、私には一生涯忘れられない思い出があります。父が亡くなったその年の父の誕生日、1月6日に初釜の支度をする私に父から電話がありました。「僕の誕生日だから逗子に帰って来てくれるでしょう?鎌倉で途中下車して鰻の折を買ってきて。他は何もいらないからね」。陣頭指揮をとって大勢のお客様を向かえる準備をしていましたが、勿論お誕生日の支度をして帰るつもりでいました。母はその当時既に入院中で孤独だった父にとってひとりのお誕生日は、とても切ないに決まっています。私は母の見舞いをして、鎌倉の浅羽屋さんに向いましたが、松の内の鎌倉は忙しく、すでにその時間には暖簾がしまわれており、釜の火も落としたようでした。中に入って閉店の掃除を始める女将さんに事情を説明すると、主人が厨房から出て来てくれて「お父様のために折りを作らせていただきます」と快諾して一斉に店の電気をつけてくれるではありませんか!

私は心から感謝して折りを抱いて家に帰りました。父は満面の笑みをたたえながら本当に美味しそうに好きな鰻を食べました。「今度具合がいいおりにお礼かたがた直接出かけてみるね。予約の電話番号がいるから、箸袋はとっておくんだ」。遅くなってまだ仕事が残っているので帰らなければならない私に父は「美奈ちゃん、本当にいつも有難う」と今でも忘れられない最高の笑顔で見送ってくれました。そして父はその5日後突然他界しました。自身も退院してこれから美味しい物を食べに出かけたり、好きな趣味ごとを楽しむ時間が出来ると楽しみに語っていたので、誰にも信じられない本当に突然の死でした。だから世間ではどこの鰻屋さんが美味しいだの、食通で有名な映画監督の贔屓だのといろいろ聞きますが、最後の父の願いを聞いてくださったご主人の心意気に感謝して私にとって世界一の鰻屋さんは鎌倉の浅羽屋さんです。ご恩は生涯忘れません!

宮川三田店で頂きました。突き出しは生湯葉のお刺身。お酒は上喜元。
撮影忘れて4分の3食べた後の白焼き。柚子胡椒で頂きましたが、おつまみには最高!
私は絶対鰻丼派です。これは2層になった間蒸。お重よりタレとご飯の馴染みがいい!
デザートも付いてます。お酒は上喜元の後、十四代を注文しましたが、銘酒ですね〜!
 2009年7月15日

今日は楽しいAppleのone to oneの日!PM8:00からのレッスンなのでチョット早めに銀座へ到着して、ショッピング。既に夏のFinal Saleの時期だったんですね!忙しすぎて知らなかった。今私が買いたい物はアメリカンスリーブの白いブラウス。一時流行ったヒョットしたらいまでも流行ってる‘大人可愛い’って感覚に馴染めない、つまり具体的に言うと無理無く似合えば問題ないけれど、やたらギャザーやフリル、透けた花柄のスモッグなんていうのは逆におばあちゃまが着こなしていれば、それはそれで素敵と思いますが成熟した大人の女の着るものではないというのが私の持論です。美しいボディラインを下品にならない程度に主張する仕立てと素材の良いシンプルなデザインの物をアクセサリーと本人のオーラでまとうのが理想です。大人の女の魅力は平板であってはダメ!可愛かったり、神々しかったり、恋人の前だけ時々不埒な顔を見せたりすべきじゃない?で話が長くなりましたが私が白いこのブラウスに求めるコンセプトは‘大人清楚’。天使と悪魔の顔を使い分ける女性に着てほしいラインです。あれ?なんか私、アパレルの人みたいに熱弁を振るってしまいましたが、結局この日はゲット出来ませんでした。チョットお腹もすいたので中村屋さんの2階のカフェでロースかつのサンドイッチとハートランドビールの生を頂きながら銀座の夜景を楽しみます。所要時間20分の慌ただしい食事を済ませて教室へ。今日は新しいiphoneの機能に関する指導でしたが、最高に面白かった!TVCMでやっていたように、私も明日からコピー アンド ペーストしようっと!楽しみ!

サンドイッチに付いてるプチサラダも美味しい。夜景が相手のお茶も良い物です。
 2009年7月12日

今日も友人と白金でランチです。昨日の晩あんなに遅くまでイタリアンレストランで飲んで食べて、その上朝食もスープ、サラダ、フレンチトーストにフルーツ、ヨーグルト、カフェオーレとしっかり済ませたあげくですから、よゐこはオネーサンのまねしてはいけませんよ!必ず石のビーナスか良くてもルノアールのモデルさんみたいになっちゃいますからね。私だってこのカロリーを消費するために飲んで燃やしてるんですからね。その上都民としましては都議会議員選挙の投票もしなくては。投票所の関係者の皆様、お暑い中お世話さまです。ほろ酔いで一票投じてきましたが、私が支持した人は当選しました。選挙結果もナイトキャップを飲みながら、肝臓の休む間のない週末でした。

ロゼで乾杯。
        前菜もモダンアートの様でスタイリッシュでしょ。 
  ソムリエマネージャーの田中さんのお勧めの白ワインからスタートです。
      パンプキンのニョッキは濃厚な白でも軽めの赤でもイケル!   
    というわけで可愛いアシスタントソムリエが赤をもってきてくれました。
      自分で言うのもなんですが、良い飲みっぷりでしょ!              
 お料理が先か器が先か、カラーといい、バランスといい鑑賞に値するランチです           

 ティラミスとグラス赤いベリーやミント、そしてブルーベリーの句読点も絶妙です

 

 蒸暑い外に出てTAXIで投票所へ。高輪小学校にこの格好で行きます。問題ある?      
      選挙を終えて証拠撮影。遊んでいるばかりじゃないからね!
 2009年7月11日

はい、チャンとお稽古もしますよ。食べ歩いてるばかりではないですよ。今日はお茶の催しの後、表参道のサロンで買い物をして、お茶室にイチモクサンです。今日の着物はオーダールームでカクテルドレスを注文するするつもりで母が購入した生地を、途中で気が変わって私の着物に仕立ててくれた物なのでチョットモダンでしょ?出先で「まあ〜綺麗なお花畑ね!」と誉めて頂いたので、謙遜のつもりで自分の顔を指差して「こちらが蜂ですから」と返したら「わ〜刺されたら本当に痛そうですね!」と言われてしまいました。やっぱりアー言えばコー言う、受けた痛みは100倍にして返す、必ずおとしまえをつけるという私に対する間違った評価はこんなところまで届いていたのか?お稽古は七夕過ぎましたが、葉蓋のお点前としました。梶の葉欲しいな〜関西にしかないと言われましたが、木挽町の吉兆さんには確か在った筈。そのために吉兆へいくのもね〜ご親切なお茶人さんにお庭の柏の木に登って頂き、伐採したものをわけて頂いて本日は代用します。お稽古の後は深夜のお食事会。10時以降でも気持ちよく対応してくれる白金のBucoさんへ。お酒を飲んではいけない大野さんにもお酒の雰囲気だけ楽しめる一見カクテルのノンアルコールを用意してくれるなど、お料理の美味しさに加えて心遣いも私のミシュランで星がキラキラのお店です。ブログ露出度も突出してるしね!

末広篭の中筒に葉蓋をするのは裏千家11代の好みですが綺麗なら流派問わない!
「柄の手前から5センチのところを中指の腹で持ち上げながら滑らせて」こまか!! 
  大野さん姿勢良いですね。山田さんは今夜の撮影隊なので出てこないのが残念!
     お稽古頑張りました!大野さんおめでとうの乾杯でした。
本日のお勧めは黒板に。Bucoって別に豚チャンではないけどいつの間にか集まってます
              まずはビソワーズ  
             白身魚と夏野菜のサラダです
この3人なら本来何本もボトル開けるのですが、このお店はグラスワインもいいですよ
        林さんご推薦のキノコのガーリックソテーです。
ホワイトアスパラガスのビスマルク仕立て。アメと鞭の彼が大変な卵好きであったから
          お料理に合わせて新しいグラスワインです。
  最後はトマトとバジル、ガーリックのパスタとチーズ、コーヒーで締めました。
 2009年7月5日

日曜日はお茶会等の催しがない場合はセルフメンテナンスの日と決めている私は、昼はジムでピラティスのレッスンを受けて家に帰って来週の支度。それから読んでおかなくては行けない数冊の本と雑誌とJapan Timesに目を通して友人との夕食の約束のレストランに向います。麻布十番にあるこのお店は、京野菜や日本中の美味しい食材で、恐らくフランス人も「これぞヌーベルキュイジーヌ!」と感動するであろうフレンチを出してくれる私のミシュラン一押しです。ワインのセレクションも良いですよ。写真を見て頂いた方が早いので先に料理の事はいろいろ言いませんが、今回私の写真が一枚も入っていないのはチョット訳があります。セルフポートレートは、皆さん、くれぐれも角度を考えましょうね!ここまでしか言わない!

 

Menuには私の名前が印刷されており、コースコンセプトは‘五感の記憶’
  アミューズはハムのムースを詰めたグジュールとプチトマトのコンポートです。
本日ローストされるオマール海老を見せてくれたのはマネージャーの山野さんでした。
岩牡蠣とカリフラワーのムース仕立て コンソメジュレは琥珀のようにゴージャス!
ウニと赤ピーマンのムース仕立て コンソメジュレも美しいだけではなく本当に美味!
   大根の奈良漬けをまとったフォアグラのコンフィはマンゴーソルベと共に
フォアグラのポアレ さつまいものピューレにかかるソースはエスプレッソ。斬新!
海老の香りいっぱいのクリームスープ。次はオマール海老なのにね。海老好きでした。
活、オマール海老のローストをブールブランソースで。さっきの大きい子がこんな姿に
蟹と蕪と水菜のスープは柚子風味です。ね!京都発のヌーベルキュイジーヌでしょ!
仔鴨・胸肉のローストとキノコ グリーンペッパーソースは期待以上のソースの美味さ
 京丹波地鶏胸肉と夏野菜のハーブのサラダは 赤ピーマンのドレッシングソースで
  山野さんお勧めの1er Cruの白ワインはこのレストラン自慢のコレクションから。
マンゴーのロールケーキ パイナップルソース ココナッツ風味には抹茶が添えられて
プティフルールとエスプレッソを頂き、食後酒は場所を変えます。満足満足!幸せ!!
 2009年7月4日

どうもPCも夏バテするらしく不調で忙しさと相まって制作が遅れておりましたが、もう大丈夫!アメリカの独立記念日からスタートです。だから何だって言うの?と聞かれると答えに詰まりますが、Fourth Julyは個人的には弟雅人の誕生日、良いお姉さんの私の朝イチのお仕事は弟へのBirthday mailの送信です。ランチは近所のMAISON KAYSERでキッシュとサラダを購入して自宅で冷えたワインと共に済ませました。それから七夕が近い事を意識して浴衣に着替えていざ茶室へ。茶箱のお点前にはバリエーションがあるので本日で仕上げます。そして本日最高のニュースは社中の大野さんがExpecting Motherになったこと!(JRのアナウンスでこの表現を知って、何時か使ってみたかった)おめでとう!!大野夫妻は性格は最高だし、とっても健康だし、温かい家族に恵まれているし、美男美女だし、来年魚座で誕生する赤ちゃんは男の子でも女の子でもとっても幸せであることは間違いありません。良かったわね〜!!重いもの持っちゃダメだの、ハイヒールなんてとんでもないだの、階段上り下りする仕事は他の人が替われだの、小姑風に辟易しながらもなんだか既にママの顔になっている大野さんは、幸せそうでした。私は幸せそうに微笑む人が大好き!その笑顔を保てるようにみんなで支えますからからね!

 

左が大野さん。右の山田さんのシャツには往年のハリウッド女優の顔が。
夕食にはタンジェでモロッコ鍋「タジン」を、クスクスと頂きます。美味しかった!
 2009年7月2日

今晩は銀座でAppleのレッスンです。寂しいですが銀座でひとりディナーを済まして、教室に入ります。珍しく女性の講師でとてもきめ細やかな指導を受けました。帰りはまたワインを飲みながらチョット復習して、ブティック冷やかしながら銀座を通過。ワインを飲んだカフェではお勤め前の戦闘態勢に入ったお姉様やおばさま方が怪気炎?を上げてます。面白いですよね〜チョット良い着物着た姫が入ってくると「あんた何処の子?」みたいな冷たい視線が集まります。そういえば銀座で料亭を経営する社中の男性に昔面白いことを教えてもらいました。曰く「銀座のママやホステスは髪を大きく結うから素人とすぐ見分けがつきます。別名エイリアン型とカブトガニにわける事が出来ます」だって!ホントか〜?!

MIKIMOTOの7月のディスプレーです。ライトアップされた風鈴ですがやっぱり夜が1番