September
 
2
3
5
6
7
8
9
10
12
14
16
17
18
19
22
23
24
25
26
28
29
30
  2009
2008
2007
2006

December
November
October
September
August
July
June
May
April
March
February
January
   
 
  2008年9月27日

26日は細川隆一郎先生の内外問題研究会の定例会で安倍晋三元首相の改憲論の話を聞いて食事して帰り、翌日はホテルオークラのデラックスルームに用も無いのに宿泊です。実はこの春日米協会のチャリティーオークションでくじを買ってペア宿泊券が当たったのです。ここは快適にツイン(私は本来ダブルが好きですが)のシングルユースでのびのびします。チェックインが遅めだったので当初希望していたオークラヘルスクラブのプールで泳ぐ事は諦めて服を改め、海よりの素敵なフレンチレストランでお食事です。たっぷりと良いワインを頂いて気持ち良く酔ってオークラの部屋に帰ります。あ〜ホテルに住みたい!ドア1枚隔てたら外は常にパブリックで、お洒落をしないと一歩も出られない緊張感がスタイルを保たせ、アンチエージングだと思うからです。そういえば塩野七生さんも同じ事おっしゃってました。私の母もゴミ出しに一歩外に出るのも口紅塗ってイヤリングしてましたしね。親子でそーいうの好きなんです。翌朝は日本料理「山里」で薬膳粥の朝食を選択。美味しい事!その後本館前の集古館でとても面白い企画展を開いていたので、幸せな事にこちらも部屋に用意された招待券で入館し堪能しました。近くの菊池寛美智記念美術館は館内整理のため休館中だったので、ホテルに引き返してチェックアウトして家に帰ります。そして荷物を置くやいなや浅草公会堂で行われる英語落語を聞きに出かけます。カナリーというグループで現役通訳の人が代表を勤めて古典や新作を英語にして会員にあてがって指導して、半年後には公会堂の畳の大きな部屋を借り切って高座を開きます。私がいいな、JANZでもしてもらいたいなと思ったのはアメリカの女性の時蕎麦と日本人の女性に寄る「桃太郎」。見事です。チョット遅れて聞き損なったのはインド人の噺家によるジュゲム。縁起いいから新年会なんて最高ですよね。結局最後まで見て、代表と名刺交換して会場を出るとすっかり夕方となって少々お腹もすきました。父が私と母が浅草の教室に出かけてお留守番をしてくれたときにお土産に毎回頼まれた大黒屋さんのごま油で味わい深く揚げた天丼を頂く事にしました。とても内容の濃い週末であった気がします。

   

 本日の鮮魚は珍しくカサゴを調理してもらい、このシャルドネがとても合いました。
              夜景が美しいでしょ!
  食べかけてしまった朝食ですが、とても美味しく栄養ボリューム満点です。
 
  2008年9月21日
お稽古日です。ただし茶室から始まりません。白金の畠山美術館、夏の企画展「赤のやきもの」展を鑑賞して白金でランチして高輪の茶室です。畠山美術館の地理を説明するのに数年前まで隣設していた料亭「般若苑」が舞台となった(?)三島由紀夫の「宴の後」のお話をしました。私の大好きな三島文学の一つです。あの頃の男女関係って節度があるから切なく官能的なんですよね。私の長く続いた年上の男性好みは、こういうセンスが分かる世代じゃないと恋愛を楽しめないという思い込みも起因しています。今は光源氏のように自由ですが(やっぱり男か?といわれそう)まあ話は置いといて、(こういう話をすると10巻くらいの小説が書けるので)雨上がりの畠山美術館の庭園はまたこれがとても素晴らしく、昨日飲み過ぎで倒れた情けない顔ですが、やはり記念撮影してしまいました。茶室も素敵なんですよね。展示品は重要文化財クラスが並んで見応えもド〜ンと来ましたが、そんな中でもチョットぷっと吹き出しそうな愛らしいものが何点かあり、コレクターのユーモアセンスを伺わせていました。清巌和尚の一行物は最初からバランスなんて考えずに勢いで書いた物らしく、最後の字がつぶれてました。私はこんなお人柄が大好き!小さくまとまってないのが良いですよね。古赤絵花鳥紋瓢型徳利にいたっては呑んべいの社中がお酒を入れて注ぐといい音がしそうだ、欲しいと言い始め、思わず監視カメラの位置を確認する私たちでした。
   雨に洗われた清々しい畠山美術館の庭園で最近写真で最多登場の菅井さんと。          
 
 
  2008年9月20日

20日は久しぶりに田町のシェフももてなしもお料理も好きなイタリアンレストランLa Ciau(ラ チャウ)へ。いつもながらとても美味しく特に入荷したばかりのフランス産の極上トリュフを使ったお料理はもう病み付き状態!麻薬です!デザートまで頂いて帰りましたが、この週も忙しすぎてお酒の回るのが早すぎて恥ずかしい事にタクシーで帰った後の記憶が無く、こんなの生まれて始めてです。皆さんも気をつけましょうね!大人なんだから。

 

 

            一瞬?豚になったWA・TA・SHI!
このワイン、とてもトリュフに合いました。いつも抱えてじゃ恥ずかしいので顔隠し。
 デザートくるまで撮影中止。トリュフに夢中でそれどころではありませんでした!
 
  2008年9月15日

15日からの週も連日連夜会合が入りました。よく言われるんですが、いったいお茶に関わる事をいつどこでやっているんでしょうね?えーちゃんとやってますよ。如何に500年の伝統に今を取り入れるべきか「不易流行」をコンセプトに現代のトレンドとどうコラボレートすべきなどと、日夜考え、結果飲み会が増えるわけです。15日は銀座でアップル教室。そしたらもうびっくりしました。H&Mの銀座ショップの長〜い行列。本読みながら雨の中並ぶ人もいたけれど、このブランド、世界ではそんなに派手なブランドではないですよね。悪いと行ってるわけじゃありませんよ。リーズナブルなプライスで日常品を売ってますよね。やはり銀座限定なんて品物が皆さん目当てなんでしょうかね。私は博品館の怪獣のロボットに足を止められ、撮影しちゃいました。だって可愛〜んだもん!16日もやはり銀座の料亭で日本を代表するデザイナーの方や京都の画商、また新聞社の役員や音楽家たちと季節のお料理に舌鼓を打ちながら日本文化の世界発信の今後について熱く激論を交わし(ほらチャンと仕事してるでしょ?)18日は各界で大活躍する人が足繁く六本木に集う隔月の三木会に参加、いつも高名な日本画家の方が私の写真を撮ってくださるんですが、うちにスキャンできる機械がないのでまた写真抜きです。でも相変わらず飛騨牛が美味しかった!こんな具合に写真の無い日は独立して書いたところで皆さん読み跳ばすと聞きましたのでこちらも割愛し、ここまではダイジェストです。

 

 

私を向いたところで記念撮影。自慢じゃないけど私は高名なゴジラコレクターでした。
 
  2008年9月13日

さあて社中の大野さんの発案と実行力に引っ張られる感じで実現した「経団連ゲストハウス一泊*御殿場アウトレットショッピング旅行」(彼女は師範披露お疲れさま修学旅行と呼んでいました)の出発日です。フランスから帰ったばかりで前日深夜まで仕事で忙しい森さんとは現地集合で、林さんと大野さんは新宿から一緒でした。誰かが寝たら写真に撮ってブログに載せると脅かしが効いて2時間の車中はおしゃべり三昧。沼津まで行くと森さんと合流。親切な地元の菅井さんは愛車PAOを出して市内観光のガイドをしてくれました。お昼になったので地元でも有名な鰻屋さんで昼食です。実は私は鰻の蒲焼きに目がなく、味が濃くて量も多い鰻丼に大満足。まずはビールで乾杯ですが、やはり次は鰻丼が出る前まで地酒で白焼きを頂きます。お酒の辛さと鰻の天然の甘さが最高に合って美味しい事!その後はパオ〜っと三島神社に移動です。こちらの暦が焼き物のデザインになっていたり、なにかとお茶と関わりがあるのです。でやはり御殿場はOUTLETだけが目的か?と言われては修学旅行の体裁が整わないので?そのご菅井さんお勧めの東洋一の湧き水量を誇り、100%湧き水の柿田川に移動します。美味しいお茶を点てるためにはやはり名水にこだわらないと!ということでせせらぎを聞き、カワセミウォッチングをして、名水で点てたお抹茶ならぬ、コーヒーを頂いて満足して今夜のお宿、経団連ゲストハウスに向かいます。渋滞等ありましたが、楽しい皆さんと快適なドライブで美味しい東京会館のフレンチフルコースディナーの予約時間にも間に合って到着。ドライバーを勤めてくださった菅井さん、お疲れさまでした。その晩は広い応接間を借り切って映画会を催し、結局解散は午前2時過ぎです。映画見ながらワインを飲んで、見た映画はとてもトレンディで見ていないと話題にのれない内容でしたが‥・修学旅行とは直接の関係は希薄です。翌朝は富士山を見ながらの朝食もとても美味しく、食後は庭園のお散歩をしてチェックアウトしたらさてこのたびの目的の一つ、アウトレットにいざ!数時間は自由行動にしてお昼ご飯のころにタクシー乗り場に集合。お買い物も掘り出し物に出会えたりして期待以上でした。来年3月頃のゲストハウスの一時閉館の前にまた来たいですね、を合い言葉にとても楽しい修学旅行は残念ながら終了です。参加者の皆さんにはそれぞれにお忙しい中、この企画のために動いて頂いて本当に感謝です。有難うございました。

  酒瓶があると持って微笑む条件反射は何なんだろう?本町うなよしさんで。            
 スイスで購入した帽子をお冠る林さん&自慢の美人社中たちと。後ろは花嫁さん!           
   お酒ではありません。お水ですがなんでこんなに嬉しいんでしょう?!   
           柿田川公園はここからスタートです。 
  フレンチのフルコースはとても美味しいものでした。まずはシャンペンで乾杯!
     経団連ゲストハウスの庭園で。私たちヤンキーではありません。

 

              東屋で。分かったでしょ!
      戦利品を携えて、御殿場駅から帰ります。楽しかった〜!!
 
  2008年9月11日

9月2週目突入!というほどでもありませんが、今年もまさに後半戦ですね。お月様が美しい涼しい夜を無駄には出来ない私です。夜な夜な銀座のPC教室に出かけたりパーティのはしごしたり忙しい!9.11は我が教室の現在アイドル的存在の税理士菅井さんのお誕生日。まずはメールでお祝いメッセージを伝え、銀座の資生堂パーラーに岐阜県知事主催の飛騨牛を楽しむ会に参加です。親しい方々と歓談をしながら飛騨牛をメインとした数々の美味しいお料理に舌鼓を打ち、(シンプルにローストビーフとステーキがやはり最高でしたが)40分ほどで次なる会場、経団連会館へ。この集いはあらゆる点で最高なんです。まずメンバーがいいんですね。我が社中の林さんが数社の社長、会長をお務めにになった折の「秘書サンズ」なのです。林さんのファンクラブのような感じですが、凄いと思いませんか?だって引退した後も忙しく活躍中の人たちが林さんを囲むために定期的に集まってくれるって!ほんと、上司冥利につきるというか、正直こんな幸せな財界人に出会ったのは林さんが始めてです。で、話はお食事会に戻しますが、経団連会館のレストランでは定期的にフレンチ、和懐石、チャイニーズなどとテーマを決めて一流のシェフが腕を振るいます。今回はチャイニーズでした。勿論私はいの一番にコラーゲンたっぷりのフカヒレの姿煮の元に!楽しい晩でした。

             岐阜県知事の古田氏のご挨拶。        
            これが絶品のローストビーフです。
    参議院議員の松田岩夫氏と三木会運営委員の坂田さんとご一緒に。
  経団連会館ではこんな内容を全部頂いたんですよ。秘書サンズは健啖家集団!

 

   私たちが食べたフカです。食べ過ぎて頭からヒレが生まれた林さん!?

 
  2008年9月4日

今週も夜からの会食会合が連続となりました。まあ我ながらタフ!全部業界、人種の違う方々ばかりという私の大好きなパターンです。4日などはドバイからのゲストと共に帝国ホテルでお食事。あまりにも有名なメンバーなので写真は出せませんが、10名程度の少数のパーティにキチンとご招待頂いて参りました。そして翌日も秋の味覚を堪能しに白金のルクソールに。普通お茶の先生なら懐石とか思うでしょう?その晩はイタリアンの気分だったのでそうしました。それに土曜日はお茶のお稽古なので自宅に近いレストランでお食事を済ませて早く帰宅して支度をしなくては。でもその割には結局ゆっくりと料理とワインを楽しんで深夜になってしまいました。7種くらいのディッシュを楽しみましたが、全部載せるとTOO MUCHのように感じたので美しいと感動した1品だけご紹介しますね。

 

     このお店の宝物のヴィンテージのドンペリです。ど〜だ〜        
マネージャーのムスタファさんと。私に上品なアラビア語を教えてくださる約束です。

ご覧のとおりパスタですが、モダンアートのようでしお味も最高!

 
  2008年9月1日

今月から私たちの感覚では秋到来ということになりますが、まだまだ袖のある物が着れない暑さです。でもそれにもめげずに銀座のAppleにお勉強に出かける私でした。新涼を感じる瞬間を楽しみに最高にお茶も良い季節ですね。

         着物に袖を通す気分にもなれる季節ですね。