July
 
3
5
6
8
9
12
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
28
29
30
31
  2009
2008
2007
2006

December
November
October
September
August
July
June
May
April
March
February
January
   
 

  2008年7月27日

今日は本当は大好きなアップルのレッスン日だけれども朝一番の用事が長引いて遅刻しそうだったので、サイトからキャンセルを入れて代わりのレッスン日の予約を入れて次のランチの約束に出かけました。帝国ホテルの最上階の嘉門は鉄板焼きが美味しいのは当然だけれども、ご飯とお漬け物も美味しいので満足です。これって有るようで無くってでもとても重要なことですよね。同じカウンターの反対側にカップルがいて昼からワインをボトルでオーダーして楽しげにお食事していると思いきや、女性の声が大きくなり、仕草が大きくなり、つまり泥酔状態なわけです。自分たちのテーブルの許容音量と自分が美しく見えるほろ酔いの度合いを知らないのははっきり言って田舎者です!顔かたちは10人並みでもチョットね。カップルは両方揃って素敵なんですよ。男性はとても恥ずかしそうでしたが、まあ選んだ貴方に目がなかったという事で。さて変なものを見た後は美しい物をみないとせっかくの週末が台無しです。話題の美術展を見に行く事にしました。タイトルも面白いんですよ。「対決 巨匠たちの日本美術」。時代を超えて学芸委員たちがライバルと思う作家の作品を並べてみせてくれるこれはとてつもなくゴージャスな企画です。それに本日は長谷川等伯の松林図の展示最終日だったのでいいタイミングです。永徳と並べられると私は等伯に軍配をあげます。この松を描いた図の対決に関してはね。また長次郎と光悦なんていうのも作家同士で茶碗の捉え方が違って興味深い。私は長次郎の大ファンですが、このたびは「加賀光悦」に心奪われました。そして今回私がその前で茫然自失と魅了された芦雪(ろせつ)の虎図襖と対面していると知っている京都の高僧に肩を叩かれました。私が「いいですね。構図といい筆の勢いといい金縛りにあいそうです」と言いますとその高僧の一言「そりゃあ、このトラ宗羅さんにそっくりだもん。はは」と捨て台詞を言って足早に去って行きました。美術展は8月17日まで東京上野の東京国立博物館平成館で行われています。学芸員の企画勝ちといった良い展覧会だと思います。

 

  2008年7月26日

さてさて今晩もお楽しみです。このサイトの凛駆集に登場する池井戸さんと彼の担当美人編集者とまたまたリンクしている社中の菅井さんとで原宿のベルギービールの店で暑気払い宴です。チョット遅れて参加したら三人は既に出来上がっていて度数の高いベルギービールのグラスをガンガン空けている様子です。この店の素敵なところの一つはかなりの数の種類がある筈なのにビールによってグラスを替えてくれるところです。浮世絵の大田美術館がそばにあって面白そうな企画展をやっていました。たしか「浮世絵に見る呪いと祈り」みたいなタイトルでう〜ん季節感溢れますよね。ミュージアムショップは「かまわぬ」といってこの名前は成田屋さんのお印ですよね、手ぬぐいや浴衣の柄でおなじみの。菅井さんは鬼灯市を意識して鬼灯柄の手ぬぐいを買ってさかんに汗を拭いていました。まあ話は「呪い」に戻りますが、今朝のテレビニュースである地方都市で200名のブラジル人工場労働者がいて夜な夜な公園に集まって「マクンバ」という呪いの儀式をしているそうです。ですから公園のここかしこに首無しの鶏が散乱しているという不気味な話ですが、丑三つ時にわら人形に五寸釘の日本とは違ってサンバの国は呪いも大勢でするんですね。まあこんな話も含めて盛り上がってその後この上なく美味しい池井戸さんご推薦の焼き鳥屋さんがあると聞いて、まあ首無しの話をしたのに行ける私たちも凄いけれどそんなことはもう構っていられないくらい美味しい焼き鳥でした。明日までに書き上げなくては行けない原稿をかかえた池井戸さんや新幹線で通勤の菅井さんのタイムリミットを考えてさほど遅くはならずにお開きとなりました。本当に楽しい人たちの素敵な晩でした。

 内容は親子2代でファンですから期待しますが、サイズや装丁もスタイリッシュです。
 夏なのでチョットワイルドにというのが私のヘアーアーティスト言ですが、これ誰?         
 

  2008年7月19日

19日のお稽古は近く21日の海の日もあるので「海」がテーマ。床の間の香合は林さんが以前ギリシャ旅行のお土産に買って来てくださった「アフロディテ」の肖像が彫り込まれ彩色されたものを選びました。こちらもとても美しくこんな機会に飾れるのをとても楽しみにしているのも事実ですが、今日のメインはなんと言ってもお菓子なのです。以前社中の大野さんが、テレビで京都の和菓子の老舗主人が東京で開かれるお茶会の為に新幹線でお菓子を運んで、茶会当日水屋で網焼きにして温かいお菓子を出すところを見て「先生あのお菓子、いつか食べてみたいです!」と言っていた事を思い出し、夏のお菓子であるその「葛焼き」を京都の老舗に負けず劣らず素晴らしい仕事をいつもしてくださる近くの「玉川屋惣八」さんが稽古の朝にうちのために作ってまた出す直前に焼き目を付けて持って来てくれるというのでお願いしました。もうそれが決まってからは大変です。好奇心と向上心旺盛の社中の皆さんにメールや電話で連絡しまくり、大野さんはこのお稽古に遅れないために大変混むお医者の外来の一番に入るために4時起きして6時から病院の前に並んだそうです。凄い!ここまでしてくれるならこちらも企画したかいがあるというもの!山田さんも打ち合わせの合間を抜けて参加してくれるし、森さんも終始ニコニコしているし、遅れてもスイスからワインとチョコレートのお土産もって参加しおた林さんも偉い!?で本日の写真はお菓子とまるでワインの宣伝をしているような私でした。携帯で撮ったからいつもとチョット違いますが‥・

成形は私、釉薬は香田さん、笹蟹の鉄絵は亡き堀先生、そして母はサインだけしてます
           甘口のデザートワインはいかがですか?
 

  2008年7月13日

さてこの日曜日は3回目のアップルレッスン日。インストラクターは可愛いし、場所は銀座だし、もう気分は最高でまた終わるのもちょうど正午で勿論銀座でランチです。別に中華料理のレストランだからじゃないけどなぜか今日はチャイナカラーのブラウスです。じつはこれ母の長袖のワンピースをノースリーブにしてブラウス丈に直して白い細身のパンツに合わせて着ています。プリントを選ぶセンスが抜群だった母の服は数十年経っても色あせず母子2代で楽しめて幸せです。そういえばこの写真なんて母に瓜二つかも。ママありがと!

 

  2008年7月11日

前の晩は意外と早くお開きとなり、元気な私はそれからSPAへ出かけてサウナに入りました。というのも翌晩11日も美味しいイタリアンを頂くことになっていたからです。ディトックスしとかないとね!イタリアンなのに稚鮎の南蛮漬のサラダが出たり、アスパラの上にこれでもか〜と温泉卵、洋食になると「ビスマルク風」なんて名前がつくけれどあの「あめと鞭」で有名な鉄血宰相は実は温泉卵好き?一部紹介しますね。店の名前はBucoで前からこのブログを呼んでくださってる方々にはおなじみの店です。

  指さしている物と料理が一致しません。これが稚鮎の南蛮漬サラダでした。    


アスパラのビスマルク風
  このイタリアワインの赤はとても美味しかった!ラベルに女神のイラストが
   シェフが持っているのはわら人形?いいえこれから揚げて出すお花です。
 

  2008年7月10日

9日の晩に浅草寺の4万6千日に出かけて翌日のエメラルドナイト参加の皆さんの為に雷よけのお守りを買った私は意気揚々とアイリッシュバーに出かけましたが、肝心のお守りを入れた袋を玄関に忘れた事に気づいて戻りました。これで完全に遅刻なのですが少しでも早くたどり着きたいと愛車プジョーを飛ばします。といっても車ではありません。自転車です。仕立てのいいスーツ姿の紳士たちの中にベアトップにトレアドルパンツのライダーがお守りもって途中参加と相成りました。このたびは海外出張中の小笠原氏を除けば全員出席です。お話も楽しくお酒もおいしく、フィッシュ&チップスやミートパイもマスターの田嶋さんもいい味で結構な晩でした。そうそうミートパイといえばあまり知られてはいませんが、オーストラリアのは美味しいんですよね。いくと冷凍のミートパイを大量に買ってくる友人がいました。またこのボーラン(アイリッシュバーの名前)のミートパイにはちょっと良い話があって、なんと英国人のおじいさんが京都で焼いた物を仕入れていて後継者がいないのでおじいさんが焼かなくなったらボーランのメニューから消えるそうです。天下国家の話もいいけれど、ミートパイの行く末を案じる今晩の私でした。

      ご利益ありげな取り合わせでしょう。125年間有効です!

            

 

  2008年7月7日

7月5日と7日は七夕の趣向でお稽古です。毎年この日だけ使う糸巻棚や天の川を漉いた美濃和紙の掛け物、星月夜の棗やそうそう一つくらいは家宝を出して年に一度の逢瀬を楽しみます。棚とは重なるけれどお菓子は可愛い糸巻きの練りきりでした。茶庭には竹林もあるので毎年短冊を飾ります。今年は雨模様で諦めましたが、去年は赤ちゃんに中々恵まれなかった外国人の女性のお弟子さんがなんと入門その日が七夕で短冊にそのまんま「赤ちゃんが欲しいです」と認めてうちの竹に飾ったら2ヶ月後に妊娠。以来ご利益が囁かれるイベントとなってしまいました。みなさんの今年の七夕は如何でした?

             私の天の川!ほ〜ほっほっ
 

  2008年7月4

今日はアメリカの独立記念日。ホテルオークラで大使館主催のレセプションがあります。でも私はこのたびは恩師細川隆一郎先生の主催する会の7月例会のために赤坂のANAインターコンチネンタルホテルへ。今夜のゲストスピーカーは次期首相第一候補の麻生太郎さんですしね。ご著書「とてつもない日本」の内容に別に新しいことは無いと思うけれどもこの方の育ちの良さが打算無く本当のことを語らせ、嫌みないのはいいですね!ただ椎名林檎とドラゴンボールの次は何だろう?原稿を読まず、絶妙な間合いで固有名詞や数字を正確に語る太郎さんはゴルフのカントリークラブのドライヤーを使った後にシンクの水滴や落ちた髪の毛等を必ず綺麗に始末して帰る本当の紳士であるそうです。

 さて波に乗る麻生さんの著書を冠ってまどろむのはどこかの政党を象徴する‥・  
 
  2008年7月2日

Macユーザーになって三年経つのに、決してこの最高のツールを使いこなしているとは言えない私はとうとう週に一度のパーソナルトレーニングを受ける事に決めました。私のアップルはもう少し古くて「TIger」と呼ばれています。今は「Lepard」なんですね。ソフトもものすごく改良されてみせてもらって目眩がしてきます。今仕事では主にWindowsを使っている私の最も苦手はエクセルですが、アップルはもっと使いやすくてスタイリッシュなナンバーズというのを提供しています。また皆さんご存知のようにマッキントッシュとウィンドウズは今互換性が容易なので家で作ってWindowsに送ればいいわけです。その上ですね、習いに行くところは私が日本一好きな銀座とくれば、遅刻してもタクシー飛ばしてももう精神衛生上いいから参加します。帰りは暮れていく銀座を歩きながら着飾ってこれからお務めの女性たちを眺め、ウィンドウショッピングをして楽しみます。ほんとは熱狂的マックユーザーとレッスンの後にお洒落なバーかなにかでお話出来たらもっと楽しいかもしれませんね。その昔モンキーパンチさんがこれから「林檎の会」に出かけるとと聞いてこの人は青森出身か?と発想した私とは全然違うんです。もう、アップル最高!